menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

バックナンバー

CGI版 過去のイスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

****************************************************
2018年 6月6日(水)
****************************************************
ネタニヤフ首相がフランスでマクロン大統領と会談。大統領は米大使館のエルサレム移設を歓迎しないと発言。しかし、パレスチナの国家承認もしない考え。一方的外交は暴力を生むだけだと批判。(P,H,Y)

*アルゼンチン代表のサッカーチームは、9日にエルサレムで予定されていたイスラエルとの親善試合を中止。パレスチナはこれを歓迎。アルゼンチンのチームには脅迫メッセージが多数届いていた。(P,H,Y)

*先週にガザで看護婦のナジャルさんが死亡した事件について「意図的に撃ったわけではない」と国防軍が捜査の経過を中間発表。(H)

ハマスの放火凧でイスラエル南部の農地や緑地が多く焼失しているため、被害地区がハマスを国際刑事裁判所で訴えることを検討。(P)

*イスラエルとレバノンが海洋で石油とガスの権利を争っている問題で、米国が仲介工作を行っている。今年末までに解決を目指す。(Y)

*米国のイラン制裁に対抗するため、欧州委員会は欧州投資銀行にイランとの商取引を支援するよう要請中。しかし同銀行は消極的。(P)

*イスラエルをボイコットする運動を行った人物に10万〜50万シケルの罰金を科することを定めた新法案が国会に提案されているが、最高裁判決に照らして多くの問題があると国会の法務担当が指摘。(H)

*米国は、7月4日の独立記念日にイスラエルでも祝典が開催するが、エルサレムではなくベングリオン空港近くの施設で行う方針。(Y)

****************************************************
2018年 6月7日(木)
****************************************************
*アルゼンチンがエルサレムでのサッカー親善試合への参加をやめたのは、選手と家族に対する脅迫があったためだとレゲヴ文化相。参加中止を称賛したアラブ系議員らを「テロを支持した」と非難。(P,H,Y)

*アルゼンチン大統領のマクリ氏がイスラエルを訪問する方向で調整中だと、首相官邸高官が発言。両国の強い関係を確認するため。(P)

ネタニヤフ首相が欧州歴訪の最後に英国でメイ首相と会談。歴訪を通じ各国にガザ封鎖の緩和について説明した。イランをシリアから排除する必要性についても説明し、各国の理解が得られたもよう。(H,P)

国防軍が、先週から続いていた海上ガス田基地の防衛訓練を完了したと発表。最新兵器を使用。敵はヒズボラ等を想定している。(P)

*ロシアとイスラエルは、イラン系勢力をシリア南部から排除する方策を検討中。今週はロシア国防省の高官がイスラエルを訪問する。(H)

*イランとの核合意からの離脱に伴い、米国は同盟国にイランとの貿易を控えるよう要請し、高官を日本や東欧に派遣。一方、英仏独とEUは、イランとの貿易を維持するよう、米との同盟国に働きかけ。(P)

*イランが新たなウラン濃縮工場を稼働。核合意前から計画されていたもので現在の合意に違反しないとイラン政府は説明している。(Y)

*ユーロビジョンの事務局は、来年のコンテストをエルサレムで開催する事に消極的。コンテストが政治利用される懸念があるため。(H)

ゴラン高原の人口を5倍増する計画をカロン財務相が承認。ゴラン高原をシリアに返還して平和条約を結ぶのが不可能になったと見て政策を転換。シリアがゴラン高原を支配した時期は21年だけ。(P)

****************************************************
2018年 6月8日(金)
****************************************************
*今日のガザでの暴動は、60人の死者を出した5月14日と同規模のものなる恐れ。イスラエルもパレスチナも準備を整えている。国防軍はガザにチラシを散布し、フェンスに近づかないよう警告。(H,P)

ガザ住民は、ホロコーストの囚人服に似せた服を着てフェンスに近づく新戦術を準備中。1500個の放火凧も飛ばす計画もある。(P)

ネタニヤフ首相は欧州歴訪の最終日。ガザ暴動の件で「犠牲者を減らす方法は試したが、どれも効果が無かった。欧州諸国の代表に聞いたが、誰も銃撃に代わる案を示す事が出来なかった」と語った。(P)

テルアビブでは、毎年恒例の同性愛者ら(LGBT)の1週間の祝典。パレードも行われる。エルサレムでLGBTを対象にしたユース活動、宗教サービスなどを提供する大手の団体も参加する予定。(P,H)

*超正統派から一定数を徴兵する法案が検討中だが、徴兵実数が少ない場合、ユダヤ神学校への予算拠出を減らすべきだと、リーバーマン国防相が発言。超政党派のシャス党とUTJ党はこれに反発。(H)

*女性の祈祷権を要求する「壁の女」が勝手な行動で警察から警告を受けたことを受け、マンデルブリット司法長官は、同団体が西壁の女性区画で祈ることを禁止。ただし前の広場で祈る事は許される。(Y)

*8人のイスラエル人が数百万ドルの詐欺の容疑で、フィリピン警察に逮捕された。世界各国から偽商品への投資を集めていたという。(Y)

*今年はミツペ・ラモン付近にある陸軍士官学校が創立50周年を迎える。今年は歩兵部隊、技術部隊、機甲部隊、砲兵部隊などが連携し、密集した都市での作戦を想定した3週間の特別訓練が行われた。(P)


前の号へ

次の号へ



TOP