menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

バックナンバー

CGI版 過去のイスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

****************************************************
2018年 7月4日(水)
****************************************************
ネタニヤフ首相がモスクワで来週にプーチン大統領とシリア情勢などについて会談へ。その後大統領はトランプ米大統領と会談。(P,H,Y)

*イランのロウハニ大統領が、スイスを訪問してベルセット大統領と会談。共同記者会見でイスラエル国の存在が違法だと主張した。(P)

*シリア南部のデラア地区にあるアサド政権軍の武器庫で爆発があり、国防軍の空爆によるものだとシリア人権監視団体が発表。(P,Y)

*テロリストや家族への報奨金を自治政府への送金から減額する法律は「パレスチナ人に対する宣戦布告」だと自治政府の報道官。報復としてイスラエルを国連安保理や国際刑事裁判所に訴えると警告。(P,Y)

ネタニヤフ首相は西岸地区の70の入植地の承認を1年以上遅らせているとして、早期に承認を進めるよう国会内務委員会が要求。(P)

*政府の要求を受け、ツイッター社がヒズボラとハマスの情報をイスラエル国内からアクセス禁止に。他の国々からはアクセス可能。(P)

*エジプト軍がラファ検問所近くのトンネルを破壊したと、パレスチナのメディアが発表。8人のパレスチナ人が閉じ込められている。(H)

*近年、イランで雨が少ないのはイスラエルが雲を操作して雨が降らないようにしているからだと、イラン軍幹部が大真面目で主張。(P,Y)

*イスラエルでの世論調査で、イスラエルが軍事的危機に直面すれば米国が助けてくれるとの意見が84%。米国のユダヤ人はイスラエルに帰還すべきだとの意見は超正統派で88%、世俗派は40%。(H)

***************************************************
2018年 7月5日(木)
****************************************************
*JCPOA(イラン核合意)の会合が6日にウィーンで開かれ、仏独英中露とイランの代表が出席へ。米国が合意を脱退してから、初めての全体会合となり、今後の方向性を検討することになる。(P,H,Y)

ハマスが偽の出会いアプリを作り、数百人の国防軍兵士の携帯電話への侵入に成功したことが判明。すぐ発見し対応されたが、一時はハマスが基地内の車両や武器の映像を得られる状態だったという。(H)

*左派米国人のゴールド氏はイスラエル入国を拒否されたが、帰還移民の申請なら可能だと判明。同氏は帰還も選択肢の一つだと語る。(H)

*イランのスパイ活動を行った疑いで起訴されたセゲヴ元資源相の裁判がエルサレムで5日開始される。公開された情報によると、6年前からイランの諜報機関に協力し、多くの機密情報を流していた。(H,Y)

ベドウィンの村カーン・アル・アフマルの取壊しについて、ムラデノフ国連特使のほか、西欧諸国が相次いでイスラエルを非難。(H)

*ユーロビジョンで優勝したバルジライさんの歌「トイ」の作詞家が、盗作だと非難する手紙を受取ったことが判明。ホワイト・スプライトの「セブン・ネイション・アーミー」の歌詞と似ているという。(H)

西岸地区入植地の人口を毎年約4万人増加させ、10〜15年以内に百万人を目指す計画を立てると、ガラント建設相が発言。(P)

*昨日の早朝と夜に、ガリラヤ西部で地震が2度発生。マグニチュードは4程度。最近、付近の国々でも小規模な地震が続いている。(P,Y)

改革派保守派西壁に男女共用区画を設けるよう求めた結果(神の怒りで)地震が起こったのだと、シャス党の議員が国会で発言。(P)

****************************************************
2018年 7月6日(金)
****************************************************
*ポーランドが「ホロコースト法」の主張を変えず、罰則のみ削除することを容認したネタニヤフ首相を、虐殺記念館が批判。ポーランドがユダヤ人迫害に関わっていないとの主張は嘘だと指摘した。(P,H,Y)

*イスラエル北部では昨日もまた小規模な地震。この地域は「死海断層」と呼ばれる場所で、1837年の地震では6〜7千人の死者が出ているため、政府は市民に懐中電灯などの用意を呼びかけている。(P,Y)

国防軍は南部のガザ周辺にアイアンドームを重点配備。国防軍は、放火凧や風船を飛ばすために使われる車やバイクへの攻撃を強化しているが、ハマスがこれに対抗して砲撃を行う可能性もある。(P,H)

ガザからの放火テロが始まって100日。国防軍は凧や風船を自動発見し、追跡するシステムを早くも配備。すでに数十の風船等を発見し消火に役立てている。将来はレーザーによる撃墜も可能に。(P,Y)

*シリア南部ではイスラエルとの境界線から10キロ付近まで政府軍が接近し、反政府勢力を攻撃中。反政府勢力は停戦を拒否。(P,Y)

*EU諸国からの抗議を受け、最高裁がカーン・アル・アフマル村の取壊しの一旦中止を命令。各国の外交官らが現地を視察する。(H,P)

*米国がイランの石油輸出を止めるなら、ホルムズ海峡を封鎖すると、イラン軍幹部が警告。米軍は「航行の自由を保障」と宣言。(H,Y)

*1965年にシリアで処刑されたイスラエル人スパイ、エリ・コーヘン氏の腕時計を取り戻したとモサドが発表。所有者の孫から買い戻したもよう。「とてもうれしい」と同氏の娘ソフィさんは語る。(Y,P)


前の号へ

次の号へ



TOP