menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

バックナンバー

キーワード検索

ラビン

Yitzchak Rabin イスラエル首相で、1996年にイガル・アミルによって暗殺された。事件のあったテルアビブの公園は「ラビン広場 Rabin Square」と命名され、現在は市民の憩いの場となっている。

アミル
(イガル・アミル)Yigar Amir ラビン首相暗殺犯人。イスラエル中で議論が巻き起こったがラビ機関が宗教的婚姻届を受理したため、2005年に獄中結婚。2007年には第1子が生まれている。終身刑が確定し20年が経ったが未だに反省の弁は述べておらず、イスラエルを救ったという暗殺の正統性を一貫して述べ続けている。
ペレス
(シモン・ペレス) Shimon Peres ラビン政権時に外相を務めオスロ合意に尽力、首相暗殺事件後はしばらく臨時首相だったが、リクードネタニヤフ現大統領に破れた(第1次ネタニヤフ政権)。2001〜2002年までシャロン政権内で外相。2007年から7年間は大統領職に就いた。
労働党
Labor Party 社会主義政党で立党以来長きに渡って第1党を守り、70年代後半からのリクード台頭後も第1党を争ってきている。故ゴルダ・メール、ラビン首相、バラクペレスの各氏などが主要な指導者。2015年の総選挙以降はツィッピ・リブニの新党との統一会派「シオニスト連合」として活動している。現党首はイツハク・ヘルツォグ。

【年表】

1992年 イスラエルに労働党とメレツを中核とするラビン内閣(7・13)

1993年 アラファト議長とラビン首相がPLOとイスラエルの相互承認、暫定自治合意を正式確認。オスロ合意の正式調印(9・9)

1994年 ラビン首相とアラファト議長が、オスロ合意にもとづく暫定自治合意(カイロ協定)に調印。暫定自治政府が発足(5・4)

1995年 ラビン首相が、テルアビプの平和集会で演説直後、暗殺される(11・4)




■さらに検索■
チェックを入れると該当データを最大200件まで表示→
・検索文字列1
・検索文字列2
・検索文字列3
 (AND検索:全てが含まれるデータだけを検索します。)
・検索モード
  用語資料(検索文字列1つのみ有効。複数の検索はできません。)
  1998年〜1999年9月のニュースより検索
  1999年〜2013年1月のニュースより検索
  2013年1月以降のニュースより検索  

■「ラビン」を一般の検索エンジン等で検索■

ワンクリックでキーワードが引き継がれます。

  Yahoo!  Google  Wikipedia


●検索のヒント
・検索は全角文字でお願いします。完全一致検索のみで、あいまい検索はありません。
・文字列1〜3の全てに該当するものだけを表示します。例:文字列1=「エルサレム」 文字列2=「自爆」 文字列3=「死」
・最後の送り仮名などは省いて下さい。例:過ぎ越し → 過越
・別の表記も試しましょう。例:トルカレム → ツルカーム
・中黒点のあるものは、文字列を分ける。例:ベン・エリエゼル国防相 → 文字列1=「ベン」文字列2=「エリエゼル」
・別のキーワードで試す。例:民族宗教党 → 宗教政党で検索する。

TOP