menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

バックナンバー

キーワード検索

リクード

Likud 保守的右派政党で1970年代後半から今日までほぼ与党として活動している。入植地建設を推進するなど、タカ派色が強い。宗教色は無い世俗政党だが右派というスタンスから宗教層からの支持も高く、その結果宗教色も多分にある。シャロン氏が2005年に離党しカディマ党を設立したが、現在は勢力を回復し第1党になっている。

一方的分離
シャロン首相が2004年に提唱した計画。ガザ全体と西岸地区の一部の入植地を撤去して壁を建設し、自治区とイスラエル領の分離を図るという内容。入植地に固執する右派から激しい抵抗運動が起こり、5月のリクード党員投票で否決されたが、2005年夏にガザからの撤退が強行された。
移民党
(イスラエル・ベアリヤ) 旧ソ連からの移民者による政党。99年の選挙後には「マハル」と分裂。2003年にはリクードと合併して消滅した。
オルマート
(オルメルト)Ehud Olmert エルサレム市長からリクード議員を経てカディマに入り、シャロン氏の後を継いで首相となった。第二次レバノン戦争、2008年末からのガザ侵攻作戦を指揮した。汚職事件で2008年夏に辞任し、2015年に有罪が確定し2016年2月から18年の禁固刑に処され初めての首相経験者として収監されている。
カツァブ
(モシェ・カツァブ)2000年からイスラエル大統領になっている。リクード党。イスラエルの大統領は名誉職でほとんど実権が無い。2007年にセクハラ容疑で失脚した。2011年12月に7年の禁錮刑が確定し、現在収監中。現在、刑期短縮を申請している。
挙国一致内閣
左派の労働党と右派のリクードが連立政権を組むこと。イスラエルでは過去に何度かこの形式の内閣が成立した。
大統領制
イスラエルには大統領制がある。しかし、首相選任の時に調整役を果すなどの補佐的な役目を果すほかは、名誉職でほとんど実権が無い。国会議員からの選挙で選ばれる。2016年現在、リクードのルーベル・リブリン氏が大統領。
ペレス
(シモン・ペレス) Shimon Peres ラビン政権時に外相を務めオスロ合意に尽力、首相暗殺事件後はしばらく臨時首相だったが、リクードネタニヤフ現大統領に破れた(第1次ネタニヤフ政権)。2001〜2002年までシャロン政権内で外相。2007年から7年間は大統領職に就いた。
労働党
Labor Party 社会主義政党で立党以来長きに渡って第1党を守り、70年代後半からのリクード台頭後も第1党を争ってきている。故ゴルダ・メール、ラビン首相、バラクペレスの各氏などが主要な指導者。2015年の総選挙以降はツィッピ・リブニの新党との統一会派「シオニスト連合」として活動している。現党首はイツハク・ヘルツォグ。

【年表】

1977年 イスラエルの総選挙で労働連合にかわつて右翼のリクードが第1党、ベギン内閣成立(5月)

1984年 イスラエル総選挙。リクード、労働党とも過半数取れず、両党の挙国一致内閣成立(9月)。

1988年 イスラエル総選挙(11・1)リクード、労働党とも伸びず、ふたたび大連立内閣成立

1990年 選挙方法をめぐるリクードと労働党の対立でイスラエルの挙国一致内閣倒れる(3・15)

1990年 イスラエルに、リクードを中心とした右翼連立政権誕生(6・11)

1992年 イスラエルの総選挙でリクードが敗れる(6月)

1996年 イスラエル総選挙でリクードのネタニヤフが首相に当選、議会では宗教政党が躍進(5・29)

2001年 労働党エフド・バラク(現職)とリクード党アリエル・シャロンの2人による首相選が行われアリエル・シャロン氏が勝利、第11代首相に。(2.6)

2003年 イスラエル総選挙がありシャロン首相率いるリクードが3分の1に迫る38議席を獲得し圧勝。(1.28)

2004年 リクード党と左派の労働党が統一政権発足に合意。(12.17)

2005年 シャロン首相がリクード党首を辞任し、新党カディマを中道寄りのリクード党議員と結成。(11・21)

2006年 イスラエル総選挙が行われシャロン氏から引き継いオルメルト党首率いる新党カディマが29議席を確保し勝利。リクードはカディマ結成の打撃を受け26議席減となった。(3.28)

2009年 27議席を獲得し第2党となったリクード党のべニヤミン・ネタニヤフ党首が首相に就任。(3.31)

2013年 総選挙が行われ、ネタニヤフ首相(リクード)とリーベルマン(イスラエル我が家)の統一リストが31議席を確保。またこの選挙では人気ニュースキャスターだったヤイル・ラピドが政界に転身して設立した有未来党が19議席をいきなり獲得、第2党となった。(1.22)

2015年 総選挙が行われ、ネタニヤフ首相率いるリクードが30議席を獲得。労働党はツィッピ・リブニ率いるハツナ党と組み、事前の予想では優勢だったが24議席と伸び悩み、敗北した。(3.17)




■さらに検索■
チェックを入れると該当データを最大200件まで表示→
・検索文字列1
・検索文字列2
・検索文字列3
 (AND検索:全てが含まれるデータだけを検索します。)
・検索モード
  用語資料(検索文字列1つのみ有効。複数の検索はできません。)
  1998年〜1999年9月のニュースより検索
  1999年〜2013年1月のニュースより検索
  2013年1月以降のニュースより検索  

■「リクード」を一般の検索エンジン等で検索■

ワンクリックでキーワードが引き継がれます。

  Yahoo!  Google  Wikipedia


●検索のヒント
・検索は全角文字でお願いします。完全一致検索のみで、あいまい検索はありません。
・文字列1〜3の全てに該当するものだけを表示します。例:文字列1=「エルサレム」 文字列2=「自爆」 文字列3=「死」
・最後の送り仮名などは省いて下さい。例:過ぎ越し → 過越
・別の表記も試しましょう。例:トルカレム → ツルカーム
・中黒点のあるものは、文字列を分ける。例:ベン・エリエゼル国防相 → 文字列1=「ベン」文字列2=「エリエゼル」
・別のキーワードで試す。例:民族宗教党 → 宗教政党で検索する。

TOP