menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

バックナンバー

キーワード検索

死海

Dead Sea イスラエルとヨルダン国境にある世界で最も低い塩湖。水面は海面下400mで、地上では最も海抜が低い。濃い塩分のため泳がなくても体が浮く。晴れた日にはエルサレムから死海が見える。年々蒸発・死海産業などによる水面低下とそれにより、干上がってしまうのではと危惧されている。

アハバ
Ahava 愛という意味のヘブライ語死海産の泥やミネラルを使った化粧品の銘柄。近年西岸地区部で生産されたイスラエル産の商品が世界的にボイコットされているため、以前ほど海外展開できなくなっている。
アラド
死海からも近いネゲブ砂漠の町。人口約2.5万人と小さい町ではあるがイスラエルで3番目の面積を誇る。聖書にも登場するなど歴史も古い(=テル・アラド)。
エンゲディ
死海西岸にある保養地。エンゲディ国立公園内には6000年前のの神殿や3世紀のシナゴグなどからなる古代の遺跡と泉がある。
クムラン教団
死海のほとりに遺跡を残した教団で、厳格な戒律を守っていた。死海文書はこの教団で一般的にエッセネ派=クムラン教団と考えられている。洗礼者ヨハネはこの教団の一員であったか影響をウケたと考えられており、新約聖書内のイエスの言動のなかにも類似点が見られる。
ジェリコ
エリコ イェリホ 死海の北にある町。旧約聖書ヨシュア記に、イスラエル人が最初に征服した町として登場するが、現在はパレスチナ自治区となっている。
死海文書
Dead Sea Scrolls 1947年にベドウィンの少年により死海のほとりのクムランで発見された文書群。旧約聖書などのほぼ完全な写本(エステル記を除く)や、クムラン教団(エッセネ派)とされる共同体の規定が含まれている。聖書考古学における最大の発見と言われている。

【年表】

1998年9月までの年表には該当がありませんでした。



■さらに検索■
・検索文字列1
・検索文字列2
・検索文字列3
 (AND検索:全てが含まれるデータだけを検索します。)
・検索モード
  用語資料(検索文字列1つのみ有効。複数の検索はできません。)
  1998年〜1999年9月のニュースより検索
  1999年〜2013年1月のニュースより検索
  2013年1月以降のニュースより検索  

■「死海」を一般の検索エンジン等で検索■

ワンクリックでキーワードが引き継がれます。

  Yahoo!  Google  Wikipedia


●検索のヒント
・検索は全角文字でお願いします。完全一致検索のみで、あいまい検索はありません。
・文字列1〜3の全てに該当するものだけを表示します。例:文字列1=「エルサレム」 文字列2=「自爆」 文字列3=「死」
・最後の送り仮名などは省いて下さい。例:過ぎ越し → 過越
・別の表記も試しましょう。例:トルカレム → ツルカーム
・中黒点のあるものは、文字列を分ける。例:ベン・エリエゼル国防相 → 文字列1=「ベン」文字列2=「エリエゼル」
・別のキーワードで試す。例:民族宗教党 → 宗教政党で検索する。

TOP