menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

最新イスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

イスラエルニュース 最新号


****************************************************
2017年11月8日(水)
****************************************************
PFLPがイスラエル攻撃を示唆する動画を公開。「イスラエルがパレスチナの地を占領し続ける限り、武力で対抗する」と宣言した。(P)

*コシェルのレストランで働こうとした女性が、旧ソ連からの移民でユダヤ人と認められない可能性があるために不採用になったと国会の移民委員会で証言。同様の事例が多発中。議員からは怒りの声。(P)

ガザとエジプトの国境管理をハマスから自治政府に移行するためには、ガザの完全な治安管理が必要だと、自治政府のハムダラ首相が発言。ハマスは強く反発している。現在はハマスが国境を管理中。(H)

*米国のラビからロヒンギャ問題をかかえるミャンマーに武器を輸出している事を批判されたイスラエル大使が「最初にイスラム教徒がミャンマー政府を攻撃した。双方が戦争犯罪をしている」と発言。(H)

*ロシア国立図書館のギュンズバーグ・コレクションの中の貴重なユダヤ文献をデジタル化して、イスラエル国立図書館で公開へ。(H)

*イスラエルのベンチャー企業であるコアフォトニクス社が、アップルの最新機に搭載されたデュアルカメラ技術は特許侵害だと主張。(P)

****************************************************
2017年11月9日(木)
****************************************************
自治政府が8ヶ月ぶりにガザにトラック22台分の医薬品を供給。前回は2月で、トラック27台分だった。医薬品供給を止めていたのは、アッバス議長がハマスに懲罰を加えたためと見られている。(P)

*イスラエル外務省は、ハリリ首相の辞任を受け、次期レバノン政権にヒズボラが入らないように要求する国際キャンペーンを開始。(P)

*エジプトのシシ大統領が、イランとサウジアラビアとの対立について「イランは地域への干渉をやめよ」と語り対話を呼びかけ。(H,Y)

*7月にイスラエルが金属探知機を神殿の丘に設置したため、アッバス議長がイスラエルとの治安協力を一時中断していたが、再びイスラエル警察とパレスチナ警察の協調を回復したと自治政府が発表。(P)

*超正統派エルサレム派」の指導者が、徴兵に抵抗する神学生の違法闘争を容認していたことが判明。指導力不足だと内部批判も。(P)

*米国ロードアイランド州在住の女性が、40歳になって母方の祖父が悪名高いナチスの強制収容所長だったことを知り、鬱状態になったと告白。ユダヤ人センターで、300人の聴衆を前に語った。(P)

****************************************************
2017年11月10日(金)
****************************************************
*汚職疑惑をめぐり、警察がネタニヤフ首相から4時間の事情聴取。今回で5回目。首相は「自分には何の疑惑もない」と述べた。(P,Y)

*英国のパテル国際開発相が、独断で休暇中にイスラエル政府首脳と会談していたことが問題になり辞任。軽率だったと見られる。(P,H)

*米上院の共和党議員らが、イラン核合意を維持したまま内容を改善する方針を検討中。合意破棄で世界から孤立する状況を避ける。(P)

*エイラット近くの空軍基地で、米仏独印伊などの空軍が集まる2週間の大型演習。戦闘機約100機が参加。「参加国は中東におけるイスラエルの役割を理解している」と国防軍幹部は語った。(P,H,Y)

*サジアラビアとクウェートが、レバノンを退避するよう自国民に指示。ヒズボラが勢力を増し、イランとサウジアラビアとの間で対立が強まっているため。辞任表明したハリリ首相はサウジで活動中。(P)

ラビ法廷が離婚を認める際に「過去の夫の暴行事件を警察に訴えない」との条件を女性に認めさせていたことが判明。女性の弁護士は、ラビ法廷の裁判官らを恐喝の疑いで捜査するよう検察に要求した。(P)

****************************************************
2017年11月12日(日)
****************************************************
ネタニヤフ首相が富豪から収賄を行った十分な証拠があると、捜査関係者が報道陣に語った。検察が起訴するかどうかは不明。(P,H)

国防軍のトンネル爆破でイスラム聖戦のメンバーが14人も死亡したため、国防軍が「もしも報復するなら強く反撃する」と警告するアラビア語のビデオを発表。この種のメッセージ発表は異例。(P,H)

*レバノンのハリリ首相が突然の辞任を発表したのは、サウジアラビアが同首相の訪問時に軟禁状態に置いたためか。レバノンの大統領はハリリ首相を返すようサウジアラビアに強く要求している。(H,P,Y)

*トランプ米大統領が新たな中東和平の枠組みの立案を開始しており、来年初めに発表するもようだと、ニューヨークタイムズが報道。米国の担当者が相次いで関係国を訪問し、意見を聴いていた。(P,H,Y)

*教師の賃上げ交渉が一向に進まないため、高校教職員の組合が今日、1日だけの「警告スト」を実施。課外活動を含め休業へ。(P,H,Y)

入植地の治安改善を求めてハンストをしていた入植者とその支援者らに、首相が8億シケルの新たな予算を約束。ハンストは終了。(P)


前の号へ



■この号が最終です■



TOP