menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

最新イスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

イスラエルニュース 最新号


****************************************************
2018年 8月8日(水)
****************************************************
*現行の超正統派の徴兵免除の延長は最大3ヶ月だと、最高裁が判断。現在審議中の新徴兵法が12月までに施行できないと神学生全員が徴兵されることになり、大規模な反対運動が起こるのは必至。(P,Y)

*北部国境を視察したリーバーマン国防相が、シリアは軍備を強化していると警告。内戦終結後は、以前より強力な軍になるもよう。(P)

アッバス議長が今日から2日間、カタールを訪問し首長と会談予定。ガザでの停戦、ハマスとの和解などについて協議へ。一方ハマス高官も数日中にカイロを訪問し、エジプト政府高官と会談する予定。(P)

*米政府高官が「米国の提案する中東和平案は、ある部分でイスラエルに、他の部分でパレスチナに不快感を与えるだろう」と説明。(H)

*警備中の国防軍兵士にガザから狙撃。国防軍は戦車で反撃し、狙撃兵2人を殺害。「我々はいかなる攻撃にも反撃する」と国防軍。(P,H)

*クウェート航空がイスラエル人乗客を排除したことで、損害賠償訴訟に敗訴。国籍による差別的扱いは違法だとして、各国から指導を受けているため、同航空は西欧諸国間のフライトを廃止するもよう。(P)

ベドウィン族の村カーン・アル・アフマルの52家族が、イスラエルが提案した移転を拒否した。移転は入植地拡大のためだと非難。(P)

*6日からイスラエル全土で看護師がストを実施。最近、看護師に対する暴力行為が多発している事と、労働条件の悪化などが理由。(H,Y)

*イスラエル空軍は、情報部隊である122飛行中隊の司令官として女性を任命。女性が空軍部隊の司令官になるのは初めてのこと。(Y)

****************************************************
2018年 8月9日(木)
****************************************************
*昨夜ガザからイスラエル南部に多数のロケット砲攻撃があり、一部はアイアンドームで迎撃されたが17人が負傷。国防軍はガザの武装組織拠点12箇所に反撃し、ガザ住民3人が死亡したもよう。(P,H,Y)

ガザからの国防軍に対する狙撃とロケット砲攻撃を受け、ネタニヤフ首相は深夜に国防相、国防軍参謀長ら関係者を集めて緊急会議を開催。一方では、ハマスとの停戦合意についても交渉が進んでいる。(P)

アラブ系議員が、他議員との交代のため辞職届を出したが、アラビア語だったため議長が受取を拒否。ヘブライ語での提出を要求。(Y,H)

パレスチナ難民を救済する国連機関UNRWAは米国の拠出金の減額で窮地に。秋の新学期に学校を開けない恐れも。米国は、パレスチナがイスラエルとの関係改善を行うなら拠出金を出すとの立場。(P)

チーフラビに無許可で結婚式を司式してハイファ警察に逮捕された保守系ラビのハユン師が、ハイファ市の選挙でメレツ党から立候補へ。メレツ党のザンドバーグ党首はハユン師の参加を歓迎している。(P)

*宗教派の国防軍兵士多数が女性教官の指示を拒否したことが判明し、大問題に。「娘から話を聞いて眠れなかった」と教官の母。(H,Y)

エルサレム旧市街近くの発掘現場から、約2千年前の黄金の耳飾りが発見された。角のある動物が彫られ、大きな目と口を持つ。(P,H)

エルサレムハダサ病院で、イスラエル企業が開発した新型人工関節による膝の手術が成功。骨を成長させ一体化する機能を持つサンゴを使った新素材を使っており、すでに臨床試験が進んでいる。(P)

****************************************************
2018年 8月10日(金)
****************************************************
*イスラエルとハマスの停戦合意が発効したとの報道が昨夜に流れ、暴力の応酬は約24時間余りで停止。イスラエル国防軍は停戦合意の成立を否定しているが、何らかの合意があったと見られる。(H,P,Y)

*今回のガザからのロケット弾は約180発。うち30発はアイアンドームが迎撃した。また、ベエルシェバにも着弾があった。(P,H,Y)

テルアビブ国防軍本部で昨日開催された緊急閣議では、停戦と武力行使の両面を検討。その後「テロ活動を行う者に対し強い武力行使を行う方針を続けるよう、国防軍に命じた」と声明が発表された。(P)

*コロンビアでは7日にデュク新大統領が就任したが、サントス前大統領が離任直前にパレスチナ国家を黙って承認。現地のパレスチナ大使館の謝辞で判明した。新政権は対応を注意深く検討する。(H,Y)

*エジプトや国連の仲介する停戦交渉が進む中、ガザで24時間の戦闘が起こった責任はイスラエルにあると、ハマスの報道官が非難。「イスラエルの犯罪に対し、我々は当然の対応をした」と述べた。(P)

ガザからの攻撃の中、リブリン大統領が「イスラエル南部にいる人々と共に立つべき」と一致を呼びかけ、助け合いを要請した。(P)

ガザ情勢の悪化を受け、レゲヴ文化相はイスラエル南部の市長たちの会合でハマス指導者を暗殺すべきだと発言。中道左派のシオニスト連盟ガベイ党首も南部を訪れ「兵士は強いが政府は弱い」と非難。(P)

ガザでの激しい戦闘勃発を受け、ガザ周辺で行われる予定だった熱気球大会や、ロックやジャズのコンサートなどが中止や延期に。(P,Y)


前の号へ

次の号へ



TOP