menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

最新イスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

イスラエルニュース 最新号


****************************************************
2019年 1月9日(水)
****************************************************
*4月の総選挙に外国が多様なサイバー攻撃で介入してくる可能性があると、シンベト長官のアルガマン氏が警告した。シオニスト連盟の議員や、シャピロ国家監査官も同様の懸念を表明している。(P,H,Y)

*イスラエルを訪問した米国のボルトン補佐官が、シリアからの米軍撤退はクルド人勢力の保護が条件だと語ったため、トルコのエルドアン大統領が反発。米軍のシリア撤退は、時期も手順も不透明。(P,H,Y)

*先月13日に西岸地区で2人の国防軍兵士を殺した容疑者が逮捕され、取り調べ中。その事件の前日に発生したテロ事件にも関与か。(P,Y)

*米国のポンペオ国務長官がヨルダンを訪問、その後エジプトや湾岸諸国も訪問へ。米軍のシリア撤退と、イラン対策などを調整へ。(H)

*アラブ系のティビ議員が、彼が率いるアラブ革新党をアラブ合同会派から離脱させると発表。合同会派のオデー党首はこの動きを非難。アラブ政党は、女性のゾアビ議員が引退するなど変化の兆し。(H,Y)

ハイファ港の整備を今後25年間、中国企業に委託するのは再検討すべきだと、ビルナイ元中国大使が発言。契約したことを非難。(P)

ハマスがイスラエルに協力した45人を逮捕したと発表。電話やSNSで諜報機関から接触され、情報提供者になった等と主張。(P,Y)

*政府はベツレヘムに近郊のエフラタ地区に新たな入植地を建設する計画を検討。計画の中止を求め、ピース・ナウが最高裁に訴え。(H)

*ユダヤ神学校の元校長で人気があったエロン師に、新たなセクハラの訴え。23年前、当時11歳の少年に性的虐待を行った疑い。(P)

****************************************************
2019年 1月10日(木)
****************************************************
*功績のあったユダヤ人を顕彰する「ジェネシス賞」が今年は米国の慈善活動家クラフト氏に。昨年は女優のポートマンさんに授与したところ政治的理由で辞退したため、今年は親イスラエルの人に。(P,H,Y)

*4月のイスラエルの総選挙に外国がサイバー攻撃で介入するとの懸念がイスラエルで報じられたが、ロシア政府の報道官は「我々は他国の選挙に介入したいとは思わない」と発言して疑惑を否定。(H,P,Y)

*イスラエルはサイバー攻撃に対する防衛は万全だとの意見が、世論調査で73%に。他国よりも際立って信頼度が高いことが判明。(P,H)

*昨年にパレスチナ人女性が殺害された事件を捜査していた警察は、イエシバ学生の捜査を拡大。約30人の学生から事情聴取。(P,H,Y)

*麻薬密輸で服役中の元閣僚のセゲヴは、イランに情報を提供した罪にも問われていたが、その罪状に関しては懲役11年の刑に。(H,Y)

パレスチナ自治政府が、イスラエルに居住権を持つ人物への賃貸契約を許可制に。標的にされた東エルサレムの住民からは不満の声。(P)

入植地の人口増加率がネタニヤフ政権下で減少し続けていることが中央統計局の数字で判明。1995年には年8.5%の増加率だったが、2009年には5.3%、昨年は約3%まで落ち込んでいる。(P)

*超正統派女性のゼルノウィツキさんが、労働党から国会議員を目指して奮闘中。労働党は支持率が急降下しており、名簿の上位に入るのは難しいが、もし議員になれれば超正統派女性として初の快挙。(H)

*今週初めからの寒波で北部は雨や雪の気候が続いている。ヘルモン山では1mの雪。ガリラヤ湖の水位はこの2日で20cm上昇。(Y)

****************************************************
2019年 1月11日(金)
****************************************************
*昨年12月に、捕えたパレスチナ人に暴行を加えた容疑で、国防軍の兵士5人を逮捕して取り調べ中。同じ部隊の2人がその1週間前にパレスチナ人に殺害される事件があったため、その復讐か。(P,H,Y)

パレスチナ人女性殺害容疑で拘束されていた5人のユダヤ人少年のうち4人が裁判所の命令で自宅監禁に。あと1人は拘束を延長。(P,H)

労働党の大会では、支持率を急落させたギャビー党首を批判する怒号が続いたが、反対派は少数で、圧倒的多数は現党首を支持。(P,H)

*F16戦闘機12機を5億ドルでイスラエルから購入する契約が成立しなかったと、クロアチアの国防相が発表。機体は30年前にイスラエルが米国から購入し、改造したもの。米の許可が得られず。(P,Y)

*エジプトを訪問した米国のポンペオ国務長官は、シリア撤退について同盟国を見捨てないと説明。必要なら武力も使うと語った。(P,H)

ハマスファタハの対立が激化しているため、エジプト政府がハマスとの仲介交渉を再開。しかし、対立は根深く調整は困難か。(P)

*ユダヤ教正統派団体指導者のダックマン師が、セクハラをしたエロン師を擁護していることに怒った米国の大口支援者が支援を中止。(P)

エルサレムで、パレスチナ車とイスラエル車の車線をコンクリートの壁で仕切った道路が完成。「人種差別道路」だとの批判も。(H,Y)

*昨年11月に16歳の少女が殺害された事件で、27歳と17歳の2人が起訴された。少女は少年らに多額の金を払わせていた。(H,Y)


前の号へ

次の号へ



TOP