menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

最新イスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

イスラエルニュース 最新号


****************************************************
2019年 8月7日(水)
****************************************************
入植地の計画委員会が2304戸の住宅を西岸地区に建設する計画を発表したことに、EUが反対を表明。「国際法上、入植地は全て違法であり、二国家共存と和平の可能性を無くすものだ」と非難。(P,Y)

*イスラエルの治安部隊が、ヘブロンハマスの拠点を摘発して爆弾などを押収。この組織は、エルサレムでの大規模な爆弾テロのほか、誘拐、ナイフテロなど様々な作戦を行うため人員を集めていた。(P,Y)

*TVのドキュメンタリードラマ「エルサレム地区」で、警察が東エルサレムパレスチナ人の家の地下室で、M16銃を発見する場面が放映されたが、銃は警官が自ら置いたことが判明。警察が謝罪。(H,Y)

UTJ党のリツマン党首は起訴相当だと、警察が判断。オーストラリアで74件の児童虐待を行いイスラエルに逃亡しているリーファー容疑者のオーストラリアへの引渡しを妨害した疑いのため。(H,P)

*起訴に直面するイスラエルの政治家は、ネタニヤフ首相、デリ内務、カッツ労相、UTJ党のリツマン党首、ビタン議員の計5人。(P)

*元イラン軍司令官で、元テヘラン市長のカリバフ氏は、約2千万ドルの贈賄に関わった容疑で起訴。秘密の銀行口座が多くあった。(P)

*イスラエルの通信衛星アモス17を、米フロリダからスペースX社のロケットで打ち上げ。アフリカ、中東、欧州をカバーする予定。(P)

*2か月前に、西岸地区入植地で7歳のユダヤ人少女が強姦された事件で、証拠不十分で釈放されていたパレスチナ人男性と他の1人の計2人が再逮捕。警察によると、新しい証拠が出てきたという。(H,Y)

****************************************************
2019年 8月8日(木)
****************************************************
ネタニヤフ首相が、青と白党などを含む大連立政権はありえないと宣言。しかし、9月の選挙も春の選挙と同様に、従来の枠組みで右派政権が構築できない議席配分になる可能性が高く、懸念の声も。(P,Y)

*米国からイスラエルを訪問中の41人の民主党議員が、ネタニヤフ首相と会談。なごやかな雰囲気で首相の演説を聞いて拍手。民主党議員からは、民主党全員が反イスラエルではないとのコメントも。(P,H)

*長い法廷闘争の結果、イスラエルに返還された小説家カフカの未発表の遺稿を、国立図書館が公開。日記や書簡類も含まれている。(H)

*ヒトラーユダヤ人の血が混じっているとの噂が流布しているが、彼の側近の弁護士が、実際に調査を行って父方の祖父がユダヤ人だった確証を得ていたと見られることが判明。かなり確実と見られる。(P)

*2016年に西岸地区ラビが殺害され家族も負傷したテロ事件で、家族を救助したために裏切者とされ脅迫を受けているパレスチナ人に、イスラエル内務省が居住権を認めた。本人は匿名を希望。(Y)

*キプロスでイスラエル人の若者に強姦されたと主張していたが、後に証言を翻して合意の上だったと証言した英女性が、軽犯罪法違反に問われた後、再び証言を変更。担当弁護士が辞任し裁判は中断。(Y)

*イスラエルの刑務所の看守が、8歳のヨルダン人少年が肝臓移植を必要としていることをSNSで知って、肝臓の一部を提供した。(P)

*TVのドキュメンタリードラマで、警官の「やらせ」で家から銃を発見されたパレスチナ人が、損害賠償を求めて警察を訴えた。(P)

****************************************************
2019年 8月9日(金)
****************************************************
*前夜から行方不明になっていた19歳の兵士の神学生が、木曜早朝にナイフで刺された遺体で発見された。事件当時は軍服ではなく私服を着ていた。犯人は逃亡しており、国防軍が追跡している。(P,H,Y)

パレスチナのテロ組織であるイスラム聖戦ハマスは、兵士を刺殺した犯人を称賛したが、自らの組織の犯行かどうかは明言せず。(P,Y)

*ドイツで92歳の元強制収容所看守を約5千人の殺人の共犯として起訴。ユダヤ人の逃亡を防ぎ、殺人に協力した容疑。「私がやらなかったとしても、他の人がやっただけのこと」と被告は語る。(H,P,Y)

自治政府はイスラエルとの断交を、どう実施するか会議で検討。市民への悪影響を避けるため断交したくないアッバス議長らと、市民感情を満足させるため即時断交を求めるエレカット氏らが激論か。(Y)

*18年前にエルサレムで発生した自爆テロ事件で、自爆犯の家族と共犯の9人に、今までの合計で91万ドルもの報奨金が自治政府から支給されていたことが判明。誰も犯行を後悔していないという。(P)

*今週日曜のティシャ・ベアヴ(神殿崩壊日)を記念するため、イスラエル人の呼びかけで100人のクリスチャンがイスラエルを訪問。クリスチャンたちがユダヤ人迫害を行った罪を悔い改めるため。(P)

*アウシュビッツを生き延びたオヴィツさんが104歳の誕生日に家族全員に西壁前での集合を呼びかけたところ、約400人が参加。(P)

アラブ政党のバラード党と、指導者のゾアビ議員らを、選挙資金を不正報告した罪と詐欺の疑いで起訴へ。近日中に聴聞が行われる。(H)


前の号へ

次の号へ



TOP