menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

最新イスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

イスラエルニュース 最新号


****************************************************
2017年12月6日(水)
****************************************************
*トランプ米大統領が、サウジアラビア、エジプト、ヨルダン、パレスチナに、米大使館をエルサレムに移設する意向を伝達したところ、各国が大反対。なお、米政府は移設の時期を示していない。(P,H)

パレスチナの政党が共同で、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と宣言した場合、3日間の抗議行動を行うと警告。(P,H)

エルサレムの米領事館は、イスラエルの米市民に対し、しばらくエルサレム旧市街と西岸地区に近づかないようにと勧告を出した。(H)

*トランプ米大統領が、エルサレムをイスラエルの首都と宣言することについて、イスラエルの右派からは「歴史的快挙」だと喜びの声。しかし左派は地域が不安定化すると懸念。首相と側近は沈黙。(P)

エルサレム市長のバルカット氏が、米大使館をテルアビブからエルサレムに移設するのに必要な時間は「2分」だと発言。西エルサレムの米領事館の看板を「大使館」に変えるだけでよいと語った。(P,H)

*トルコのエルドアン大統領は「米国がエルサレムをイスラエルの首都と認めるなら、トルコはイスラエルと断交する」と警告。(P,H)

パレスチナ自治政府がテロリスト家族への補助金を止めない場合は、自治政府への支援を停止するよう定める法案が米下院で可決。(P,H)

*シリアが国連事務総長に「イスラエルはテロ組織と協力してダマスカス近郊を攻撃した」と訴え。問題のミサイル攻撃はイスラエルによるものと報じられているが、イスラエルは関与を認めていない。(P)

****************************************************
2017年12月7日(木)
****************************************************
*トランプ米大統領が、エルサレムはイスラエルの首都だと演説。しかし、エルサレムの現状は変更しないと説明。大使館移設の準備を始めると宣言した後、移設実施を延期する命令にも署名した。(P,H,Y)

*トランプ米大統領のエルサレム首都宣言に、国連事務総長、マクロン仏大統領、フランシスコ教皇ら世界の指導者が懸念を表明。(P,Y)

エルサレムはイスラエルの首都だとするトランプ米大統領の宣言を、ネタニヤフ首相がビデオで「勇気ある判断」と賞賛した。(P,H,Y)

パレスチナアッバス議長は、エルサレムに関する米国の動きを非難。ファタハ指導者は非暴力・非武装での抗議デモを呼びかけた。(P,H)

*トランプ米大統領の演説を前に、アッバス議長はファタハハマスの和解を「今すぐ」完了させて、共に対抗すべきだと呼びかけ。(P)

*全米38の教団、3千5百万人のキリスト教徒を代表する全米教会協議会は「中東の火に油を注ぐ」と、トランプ大統領の演説を批判。一方、福音派の右派である自由評議会は、このニュースを歓迎。(H)

*トランプ米大統領の宣言を受け、アジア各国の株式市場が下落。日本の日経は2%の下落だったが、テルアビブの下げ幅は0.8%。シケルも値下がりし、ドルに対して0.6%の値下がりとなった。(P)

パレスチナ人政治家で、現在亡命中のダーラン氏は、米国が大使館をエルサレムに移設した場合は、和平交渉を拒否すべきだと発言。(P)

イスラム教初期のウマイヤ朝時代の硬貨などから、メノラーの刻印を発見。イスラム教は初期にユダヤ教から深い影響を受けていた。(P)

****************************************************
2017年12月8日(金)
****************************************************
*今日、開催される国連安保理の緊急会合で、EU諸国、エジプト、ロシアなどがトランプ大統領のエルサレム首都宣言に反対へ。しかし、米国が拒否権を発動するのは確実で、決議は困難なもよう。(P,H)

ガザから3発のロケット砲が発射され、2発はガザ内に、1発はイスラエル側に着弾。空軍はガザの軍事施設に報復空爆を行った。(P,H)

ハマスが新たな武装蜂起を呼びかけ、自治政府も抗議デモを呼びかけているため、治安部隊は今日、各地で厳戒態勢を取っている。(P,H)

*米国が大使館をエルサレムへ移設する準備を進めると発表したことを受け、ネタニヤフ首相は「他の国々も続くだろう」と発言。(P,H)

*ヒズボラ指導者のナスララが、エルサレムに関する米国の宣言を非難し、パレスチナ人インティファーダを支援すると宣言。(P,Y)

*ポーランドのユダヤ共同体にあった古いユダヤ人墓地を駐車場などにするため、土砂と共に遺体が残土処分場の空き地に。地元のラビは、「自分が赴任してから17年間で最悪の冒涜」だと怒る。(H,Y)

*福音派指導者のエバンス師が「トランプ大統領は、ユダヤ人を帰還させたクロス大王のようだ」と発言。同師は大統領と面会予定。(P)

*1万年以上前、現在のイスラエル、ヨルダン、レバノン、シリアに広がっていたナトゥフ文化に、狩猟採集だけでなく、食糧として植物を育てていた形跡。農業を始めた最初の人々だと説が出ている。(P)

*荒れる超正統派神学生のデモ制圧に、パレスチナ人制圧用に開発された悪臭兵器「スカンク」を警察が使用。服にかかると、服を洗って干しておくだけで周辺に悪臭が漂う。非人道的だと神学生は反発。(H)


前の号へ



■この号が最終です■



TOP