menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

最新イスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

イスラエルニュース 最新号


****************************************************
2017年 2月19日(日)
****************************************************
*トランプ米大統領の就任日に、パレスチナ国家樹立への支持を止めないよう求める書簡を送るキャンペーンを始めたところ、たった11日間で10万人以上のパレスチナ人が参加したと主催者が発表。(Y)

*イスラエル駐在の米国大使として、右派のフリードマン氏が派遣される可能性が高まっているため、もし派遣された場合には受入を拒否するようにと、左派政党メレツの議員がリブリン大統領に要求。(H)

*先週リーバーマン国防相がハマスに交渉を呼びかけたことを受け、ハマス高官ザハルが「イスラエルがパレスチナ人の全囚人を釈放するならハマスもイスラエル人兵士(の遺体)を返還する」と発言。(P)

*トランプ米大統領が一国家案の可能性を示唆したことに反対して、エルサレムのアラブ人とユダヤ人が共同で抗議デモを行った。(P)

*昨年末に国連でイスラエル非難決議が採択される直前、トランプ政権準備チームのフリン氏らが、オバマ政権の国連大使らに連絡を試みていたが、電話も全て拒絶されていたと、米外交雑誌が報道。(Y)

*2000年からの15年間で、約3万人のイスラエル人がドイツ国籍を取得。うち約5%はイスラエル国籍を離脱したことが判明。(Y)

ネタニヤフ首相がシンガポールとオーストラリアを訪問する旅に出発。イスラエルの首相がこの2国を訪問するのは初めて。(P)

*ヨルダン渓谷でパレスチナ人家族が所有する羊を、入植者2人が石を投げて殺す事件が発生。パレスチナ人は苦情を申し立てた。(H)

****************************************************
2017年 2月20日(月)
****************************************************
*米国務長官、エジプト大統領、ヨルダン国王、ネタニヤフ首相が昨年2月に秘密会談をしたとの報道をネタニヤフ首相も確認。(Y,H,P)

*昨年2月に4ヶ国指導者が行った秘密会談で、ケリー米国務長官は和平交渉の再開を提案したが、ネタニヤフ首相は、連立政権内の右派閣僚が賛同するとは思えないとして、受け入れなかったもよう。(H)

シナイ半島からイスラエルにロケット砲を発射しようとしていた「イスラム国」の4人を、イスラエルが無人偵察機で殺害。(H,Y,P)

*トランプ米大統領との会談で、経済などを含む広範な問題を協議する両国政府合同のチームを作ることに合意したと、ネタニヤフ首相が発表。西岸地区の入植活動の調査なども活動範囲に含まれる。(Y)

*ドイツでの国際会議で、イスラエルのリーバーマン国防相とサウジアラビアの外相が共にイランが最大の脅威だと指摘。国防相はアラブ諸国に共闘を呼び掛けたが、サウジアラビアは応じず。(P,H,Y)

*ヒズボラ指導者のナスララが先週にイスラエル攻撃を示唆した際、ネタニヤフ首相がアラブ諸国の外交筋を経由して「攻撃されれば手加減はしない」と警告したと、レバノン系の新聞社が報道。(P,Y,H)

シンベトが、国防軍の協力により、1月に西岸地区で起きた発砲テロの容疑者として17歳のパレスチナ人2人を逮捕したと発表。(P)

*今年に入ってアラブ人の間での殺人事件が多発し死者数が10人に。アラブ人がユダヤ人を殺した場合、警察は真剣に捜査するが、アラブ人同士の争いは真剣に捜査しないとの苦情も出ている。(Y)

****************************************************
2017年 2月21日(火)
****************************************************
*トランプ米大統領が入植地建設の抑制を求めているため、建設計画に遅れが出ると首相が発言。右派入植者らが反発している。(H,Y)

*昨年の4ヶ国指導者の秘密会談の時期に、イスラエルの政権組換え交渉が水面下で進んでいたと、野党指導者のヘルツォグ氏が明かした。ネタニヤフ首相は右派に負けて歴史的機会を逸したと非難。(H,Y)

ハイファの老人介護施設で、大規模な老人虐待が日常的に行われていたことが判明し大問題に。監督官庁は通報を無視していた。(H,Y)

シナイ半島から2発のロケット弾がイスラエル南部に着弾。警報が発令されたが、空地に着弾したため人的被害は出ていない。(P,H,Y)

テルアビブでテロを準備していたアラブ系市民を先月末に逮捕していたとシンベトが発表。兵士の乗ったバスを狙っていた。(P,H,Y)

ネタニヤフ首相がシンガポールを初訪問。周辺国はイスラエルに敵対的だが、シンガポールは友好国。歓迎を受け首相は「我々は明確な目的を持ちアジアに向けて方向転換をしている」などと語った。(P,Y)

*ローマで教皇庁とシナゴグが協力してメノラの展示会を開催。メノラの絵や、古代彫刻に刻まれたメノラなど貴重な資料を展示。(P)

パレスチナ人2人を殺害して服役中のユダヤ人テロリスト、テイテルが獄中でハンストを開始。待遇が悪いと主張。テイテルはメシアニック・ジュー宅にも爆弾を仕掛け、少年に重傷を負わせた。(P)

バルイラン大学が、中国のユダヤ人共同体に関する展示会を開催。日本占領期に中国にいたユダヤ人たちに関する資料も。日本はドイツと同盟していたが、ユダヤ人迫害には協力しなかった。(Y)


前の号へ



■この号が最終です■



TOP