menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

最新イスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

イスラエルニュース 最新号


****************************************************
2017年 10月 11日(水)仮庵の祭7日目
****************************************************
*ヒズボラは米国でテロを準備中だと、米国のテロ対策センターが警告。ヒズボラ幹部2人に計一千万ドル余の懸賞金をかけた。(P,H,Y)

西岸地区に3千戸を建設する計画について「米大統領は入植活動に懸念を持っている。無制限な入植は和平に寄与しない」と米政府高官。しかし、入植の凍結要求も和平に寄与しなかったと認めた。(P)

*米大使館のエルサレム移設は和平交渉の後だとの、トランプ大統領の発言に失望の声が出ていることについて、米政府高官が「あくまで大使館の移設が前提であり、いつ実施するかの問題だ」と説明。(P)

ネタニヤフ政権は来週、入植地に3800戸の建設計画を承認すると報じられているが、実際に建設するのは600戸になる見込み、トランプ米政権から建設を遅らせるよう圧力があったもよう。(H,P)

*カタールは、2022年にカタールで行われるサッカーのワールドカップにイスラエルのチームの出場を受け入れる方針を表明。(P)

*毎年、仮庵の祭りの間に行われるエルサレムマーチが昨日に行われ、世界中から約6万人が参加。3キロの道のりを行進した。(P,Y)

*ベルギー政府の支援でヘブロンに設立されたパレスチナ人の小学校が、40年前に38人のイスラエル人を殺害した女性テロリストの名前に改名されたことが判明。ベルギー政府は支援を中止した。(P,Y)

*エジプトでハマスファタハの和解に向けて交渉が進行中。イスラエルの代表団も昨日エジプトで、同国政府高官と数時間会談。(H,Y)

****************************************************
2017年 10月 12日(木)シムハット・トーラー
****************************************************
*イランが核合意を順守しているとは認めないとのトランプ米大統領の見解を、米政府高官が共和党幹部に通告。イラン政策についての大統領の判断は最終的なものであり、すぐに実施されるという。(P)

ガザ地区の境界を警備するイスラエル国防軍兵士に、ガザ側からレーザービームが照射される事例が頻発。兵士の視覚に障害が出る恐れも。国防軍の幹部は、軍事的反撃もありうるとハマスに警告。(P,Y)

*パリで行われたユネスコの次期事務総長選挙で、カタールのアル・カワリ氏が当選。同氏は反ユダヤ主義者だと指摘されている。(P)

*ロシアがウイルス対策ソフト「カスペルスキー」を使って、機密を盗んでいると、2015年から解析を続けていたイスラエルが米政府に通告。米政府は先月、同ソフトを施設内から削除していた。(P,H)

*「カスペルスキー」が機密を盗んでいるとの疑惑について、ドイツ情報局は、ロシアが機密文章を盗んだ証拠はないと発表した。(H)

*今週月曜、アルジャジーラTVが米国の親イスラエル団体にスパイを送り込んでいたことを認めた。スタッフとして様々な団体の中枢部分に入り込み、支援者の情報などを集めていたと見られている。(H)

*エジプトで進行中のハマスファタハの和解交渉を、トランプ米政権は歓迎。しかし、ハマスはテロ組織指定を受けているため、統一政権が出来ると、米国はその政権を支援できない状況となる。(H)

ガザ地区の境界線で昨日、小規模な銃撃戦。国防軍兵士に負傷者は無かった。ガザではここ数週間、小規模な戦闘が頻発している。(H)

*昨日午後、西岸地区パレスチナ人が無許可でイスラエル側へ入ろうとして逮捕された。ナイフを持ち、テロを目指していたもよう。(P)

****************************************************
2017年 10月 13日(金)
****************************************************
*ユネスコは反イスラエルに偏向し、歴史を歪曲しているため、米国は脱退すると米政府報道官が発表。ネタニヤフ首相は「勇敢で道徳的な決断」とこれを称賛し、イスラエルも脱退する考えを表明。(P,H,Y)

*エジプトでのハマスファタハの統一交渉がまとまり、ガザの支配権12月1日付で自治政府がハマスから引き継ぐことで合意。(P,H,Y)

パレスチナの統一合意について、政府は「経緯を見つつ対応する」と控えめにコメント。ただし、新しい統一政府がイスラエルの存在を認め、ハマスに武装解除をさせることが条件だと強調した。(H)

*昨年のクーデターに関係したスパイ罪でトルコが米領事館員を逮捕したため、米政府がそれに対抗してトルコ人へのビザ発給を停止。トルコ政府もその報復として、米国人へのビザ発給を停止した。(P)

*ドイツで作成された報告書によると、中東から流入している大量の合法的難民の中に、ヒズボラ系の戦闘員が混ざっているもよう。(P)

*イランとの核合意破棄について、今日、トランプ米大統領が演説予定。合意をイランが順守していないとの大統領判断を受け、60日以内に米議会は対イラン制裁の再開を判断しなければならない。(H)

*ティラーソン米国務長官は英、中、仏、ロシアの高官とイランの核合意破棄について意見交換。内容については公開されていない。(Y)

*シリア東部で戦乱を避けて逃げる難民やクルド人を狙って「イスラム国」が3台の車を自爆させ、50人以上を殺害。負傷者多数。(Y)


前の号へ



■この号が最終です■



TOP