menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

最新イスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

イスラエルニュース 最新号


****************************************************
2017年 4月23日(日)
****************************************************
*米TVのインタビューを受けたネタニヤフ首相は、パレスチナ自治政府がテロを助長していると非難。特に、自治政府がテロリストの家族や遺族に支給している莫大な補助金を停止すべきと語った。(Y,H,P)

*ヒズボラが、まるで自分が正規軍のようにしてイスラエルとの国境地帯をTVで紹介したため、レバノンのハリリ首相もメディアを連れて国境を視察。自らが統治者だと強調してヒズボラをけん制した。(P)

*シリア政権の化学兵器使用疑惑の国際調査が行われることになったが、調査はロシア抜きで実施へ。ロシアは米国に不満を表明した。(P)

ネタニヤフ首相とリーバーマン国防相が、中東を訪問中のマティス米国防長官とエルサレムで会談。首相は米新政権を称賛。(H,Y,P)

*「イスラム国」の活動を懸念して、過越の祭からエジプトのシナイ半島に通じる検問所が閉鎖されていたが、再開された。(P,Y,H)

西岸地区のアダム付近で、イスラエル人が「ユダヤ人とアラブ人が共に住める」とする違法入植拠点を準備中。警察は撤去の構え。(H)

西岸地区入植地イツハルの住民らが、付近のパレスチナ人の家や車を破壊。その後、入植者とパレスチナ人らが乱闘した。(Y,H,P)

*イスラエルの刑務所でハンストを行っているパレスチナ人囚人への連帯を示すため、西岸地区とイスラエルで数百人がデモ。(H)

*各地で気温が急上昇し、エイラートでは気温40度を超えた。多くの市民が海岸を訪れ、ガリラヤ湖には約3万人が集まったもよう。(Y)

****************************************************
2017年 4月24日(月)
****************************************************
ホロコースト記念日の演説でリブリン大統領は、ホロコーストを使ってイスラエルの政策を正当化する考え方を批判したが、ホロコーストは他に例のない虐殺で、他の虐殺とは異質だと強調した。(H,Y,P)

テルアビブで18歳のパレスチナ人の男が通行人にナイフで切り付け、4人が軽傷を負った。犯人はその場で逮捕された。(Y,P,H)

*アラブ系イスラエル人に対する暴力で逮捕されていた6人のユダヤ人が起訴された。うち2人は兵士で、1人は未成年者。(P,H,Y)

エルサレムにあるアルメニア教会の書庫で、アルメニア人虐殺を証明する当時の電報など大量の記録が発見された。今までこの記録が行方不明だったため、トルコ政府は虐殺を否定して来た。(P)

*イスラエルが日曜朝にシリア領ゴラン高原で、親政府武装勢力を空爆したとアラブ系メディアが報道。国防軍は金曜日に空爆を行ったと認めているが、この空爆に関してはコメントを出していない。(P)

*ヨーロッパのシリア難民収容キャンプと、ナチスの強制収容所が似ていると、フランシス教皇がホロコースト記念日に発言。ユダヤ人団体などが、発言が不適切だとして撤回するよう求めている。(H)

*ドイツはイスラエルの事を考えているから、パレスチナ人との和平と二国家共存案を推進していると、ドイツの外相が語った。(Y)

*待遇改善を求めて先週から千人以上のパレスチナ人囚人がハンストを行っているが、うち186人がハンストを中止したことが判明。多くはハンスト開始から24時間以内に中止していたという。(Y,P)

****************************************************
2017年 4月25日(火)
****************************************************
*昨日はヨム・ハショア(ホロコースト記念日)となり、各地で記念行事。トランプ米大統領は「死者たちを覚え、反ユダヤ主義を根絶する必要がある」とのメッセージをユダヤ人会議に送った。(H,P,Y)

イスラエル人の生徒たちは、アイヒマンも知らないなど、ホロコーストに関する知識が薄いと、虐殺記念館のガイドら。教育相が歴史の試験科目からホロコーストを除いたためだとの意見もある。(H)

ホロコースト記念日に、アウシュビッツの強制収容所跡で例年行われる「生者の行進」にオーストリアの教育相ら1万人が参加。(P,Y)

*注目されていたフランスの総選挙は、中道のマクロン氏と、極右のルペン氏の決選投票に。イスラム教徒とユダヤ人からは懸念の声。フランスのユダヤ人の大半はフィロン氏に投票したもよう。(P,H,Y)

*イスラエルを訪問するドイツの外相が、反国防軍の左派団体「沈黙を破る」と会う予定になっているため、ネタニヤフ首相が外相との会談を中止か。左派のヘルツォグ氏は首相が「逃げた」と非難。(P,H)

サウジアラビアが国連の女性の地位委員会の議長国に。同国は今なお最も女性差別の激しい国の一つであり、激しい批判の声も。(P,H)

*全米のユダヤ人施設2千箇所に脅迫電話をかけるなど、多くの犯罪を行ったとされるイスラエルと米国の二重国籍の18歳の少年を起訴。米国は身柄の引渡しを要求したが、イスラエルは拒否。(P,H,Y)

ラマラで警察のジープに投石した6人のパレスチナ人を逮捕。投石事件では負傷者は無かったが、パレスチナ人らが投石する映像をSNSで拡散させたため、犯人が特定されることになった。(H,P)


前の号へ



■この号が最終です■



TOP