menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

最新イスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

イスラエルニュース 最新号


****************************************************
2019年 2月12日(火)
****************************************************
*ポーランドで米が主催する和平会議のため、ネタニヤフ首相が出発。アラブ諸国など60ヶ国が出席、パレスチナとイランは欠席。(H,P)

*イスラエルの戦車がゴラン高原のシリア側クネイトラに向けて砲撃したと、シリアが報道。砲撃による被害などについては不明。(P)

*米下院民主党のオマル議員は女性のイスラム教徒でイスラエルの存在を認めない立場だが、ツイッターでユダヤロビーのAIPACを中傷したため、民主党のユダヤ人団体の非難を受けて謝罪した。(P,H,Y)

*イスラエルがアフガニスタンから対イランの諜報活動を行っているとの報道。イスラエルがわざと流した偽情報だとの見方もある。(P)

*イラン革命40周年記念日に、イラン軍の司令官が、テルアビブハイファを攻撃すると発言。ネタニヤフ首相は「そうなれば、今回がイラン革命記念日を祝う最後の機会となるだろう」と応酬した。(P,H)

*ピュー研究所が世界各国で行った調査で、宗教団体に所属し月に1回以上礼拝などに参加する人は幸福度が高いことが判明した。(P)

エルサレムハダサ医療センターがストを開始。管理者側が、病院住み込みの研修医を雇わないと決定したため、医師らが反発。(H)

****************************************************
2019年 2月13日(水)
****************************************************
*新右翼党や回復党など新党の人気が急上昇だが、それでも「次の選挙でも必ず勝ち、首相になる」とネタニヤフ首相が強気の宣言。(H)

*支持率が低迷するイスラエル労働党が予備選挙。現在の党員は約3万人。投票率は2015年の60%を下回り、56%だった。(H)

国防軍の戦車部隊が北部で大規模な演習中。ヒズボラとの戦闘を想定して、レバノン南部と似た地形のヨルダン渓谷で実施。市街戦を想定した訓練も行っている。「北部でも南部でも戦える」と司令官。(P)

*トランプ大統領が軍事目的の人工知能開発の強化を命じたことを受け、セキュリティーの専門家が危険性を指摘。競争は避けられないが、扱いを誤ると同時多発テロ以上の惨事を招く可能性があるという。(P)

*イラン民主化とイスラエルとの国交回復を期待すると、革命で追放された旧王家の皇太子が発言。王家を尊敬するイラン人も多い。(Y)

*最近のガザからの侵入者の大半は未成年者であり、ガザの生活苦に耐えかねてイスラエルでの収監を希望している例が増えている。(P)

*左派NGOに属する30人のパレスチナ人ユダヤ人が、先週のテロで犠牲となった若い女性、アンスバッハーさんの自宅を慰問。(P)

****************************************************
2019年 2月14日(木)
****************************************************
ネタニヤフ首相が、ポーランドの和平会議でオマーンの外相と会談。「今後の中東は各国が豊かさを得る時代になる」と外相。(P,H)

ネタニヤフ首相が自分の政治的利益のために、シリアでのイラン系勢力への空爆を発表したと、ガンツ氏が批判。国防軍の秘密作戦を公表すれば、軍を危険にさらすことになると、自党の集会で発言。(P,H)

*ベングリオン大学の研究チームが、原子力発電所の安全性を高める方法を考案。最新型の原子炉より小型で、安全性を高められる。(P)

*EUがサウジアラビア、パナマ、ナイジェリアなどの国を、テロに資金が流れる危険国に指定。サウジアラビアは、これに強く反発。(P)

*イランの南西部で、兵士が乗ったバスに自爆テロがあり、27人が死亡、20人が負傷。スンニ派の武装勢力が犯行声明を出した。(H,Y)

*国際社会の支援を集めるために、ハマスはイスラエルと全面的な軍事衝突を起こすだろうと、国防軍の情報部門が年次報告書で予想。(H)

*今日開幕の紅海ジャズ・フェスティバルで、ポーランドのジャズバンドが、ホロコースト時代のユダヤ人作曲家の作品を演奏へ。(H)

****************************************************
2019年 2月15日(金)
****************************************************
ネタニヤフ首相は、ワルシャワでの和平会議の後、ゲットー跡を訪問。ポーランドが昨年に制定した、同国がナチスに協力したとの言説を禁じる法律を批判。ナチスに協力したのは史実だと語った。(P,H,Y)

*ワルシャワでの中東和平会議の際に行われた非公式会合で、バーレーンの外相が「イランが有毒な資金で暴力を煽っている」等と発言。アラブ諸国はパレスチナ問題より、イランを懸念している。(P,H,Y)

*米主導の中東和平案は、4月9日のイスラエル総選挙後に公開するとの考えを、米国のクシュナー上級顧問が中東和平会議で示した。(P)

*ザンドバーグ党首率いる左派のメレツ党が予備選挙。2万人余の党員の83%が電子投票を行った。同党の予想議席数は4〜7。(P,H,Y)

*女性の自由を求め、イランの首都で公然とヒジャブを脱ぐ抗議行動を行い逮捕され、収監前に娘と共に国外脱出して亡命手続中の女性にインタビュー。多くの女性が同様の抗議活動で逮捕されている。(Y)

ハダサ医療センターで、研修医の雇用をめぐって行われていた2日間のストが終結。労働裁判所の聴聞で、管理者側が雇用に同意。(H)

*ベイト・シェメシュにある杉原千畝氏を顕彰する森が、住宅地拡張のために撤去されていたことが判明。新しく森を作る動きも。(H)


前の号へ



■この号が最終です■



TOP