menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

最新イスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

イスラエルニュース 最新号


****************************************************
2017年 5月21日(日)
****************************************************
*トランプ米大統領が中東訪問の最初にサウジアラビアに到着し、サルマン国王と会談。兵器売却で合意し、両首脳が調印した。(H,Y,P)

*服役中のオルマート元首相の独房から、機密情報と見られる書類が発見された。著書執筆のため持ち込んだもので違反ではないと弁護士は説明。刑務所は、元首相の電話を一時的に禁止している。(Y)

*イラン大統領選では、穏健派で現職のロウハニ大統領が過半数の票を得て再選。ヒズボラ指導者のナスララも歓迎を表明した。(H)

*世界経済フォーラムの地域会議で、リブニ元外相とPLOのエレカット氏が、トランプ米大統領の中東和平仲介に期待を表明。(Y)

*イスラエルを訪問したハンガリーの外相が、国連とEUはイスラエルに偏見を持っているので、改善を働きかけていると語った。(P)

*イスラエルに雇われ、レバノン軍に対するスパイ活動をした容疑で、イラク籍の男が逮捕されたと、レバノンのメディアが報道。(P)

*トランプ米大統領がベツレヘム自治政府アッバス議長と会談する日を「怒りの日」として、大規模なデモを行うよう西岸地区パレスチナ人組織呼びかけ。パレスチナ国家の樹立を強く要求する。(P)

*旧市街のユダヤ人地区と西壁の間のエレベーター建設案を、政府が閣議承認へ。現在は大きな高低差があり、高齢者や障害者には移動が困難なため。エレベーター前には商店街も併設される予定。(Y)

エルサレムの北にある検問所で、ナイフを持った14歳のパレスチナ人の少女が、自動車用車線を通過しようとして逮捕された。(H)

****************************************************
2017年 5月22日(月)
****************************************************
サウジアラビアを訪問中のトランプ米大統領は、イスラム圏の代表者を集めた会合で演説。大統領選挙中に繰り返したイスラム教に対する非難は避け「過激思想の撲滅」を訴えて、連携を求めた。(P,Y,H)

*トランプ大統領をベングリオン空港で出迎える歓迎会に、大半の閣僚が欠席予定だと判明。閣僚は大統領と握手する機会も無いためか。これを知ったネタニヤフ首相が激怒し、閣僚らに出席を命令。(H)

*トランプ米大統領がサウジアラビアに大量の兵器売却を約束したことに、スタイニッツ資源相が懸念を表明。「サウジアラビアはイスラエルにとって敵国であり、国防上の懸念がある」と指摘した。(Y)

*3月にハマスの幹部を暗殺した犯人とされるパレスチナ人3人にハマスが死刑を宣告。イスラエルが暗殺を命じたとハマスは主張。(Y)

*トランプ米大統領の訪問を前に、西岸地区パレスチナ人に対する制限を緩和する措置を閣議決定。C地区で数千戸の住宅建設許可を出し、西岸地区とヨルダンを結ぶ検問所の開門時間を延長するなど。(H)

*トランプ米大統領の機密漏洩について、イスラエル政府は沈黙。しかし、情報はすでにイスラエルの敵に渡ったと専門家は分析。(H)

*スパイ罪で米国で服役を終えた後、厳しい条件下で仮釈放されているポラード氏が、ネタニヤフ首相とトランプ米大統領の会談で条件が緩和されることを期待すると、友人に語っていたことが判明。(P)

*4月中旬からハンスト中のパレスチナ人囚人の健康が悪化し、数十人が病院に搬送された。搬送される囚人は更に増える見込み。(Y)

****************************************************
2017年 5月23日(火)
****************************************************
*米トランプ大統領一行が専用機でベングリオン空港に到着。大統領は「今は中東全体に平和をもたらす稀な機会だ」と語った。(H,P,Y)

*米トランプ大統領が西壁を訪問。現職の米大統領が西壁を訪問するのは初めて。同行した娘のイヴァンカさんは、ツイッターで「ユダヤ教最高の聖地を訪れ感動した」と発言し、共感を呼んだ。(H,P,Y)

*米トランプ大統領がネタニヤフ首相とホテルで会談。その後の記者会見で両首脳は前向きな発言に終始し、友好関係を確認した。(H,P,Y)

*明日は米トランプ大統領とアッバス議長の会談がベツレヘムで行われるが、パレスチナ自治政府内では和平推進への期待は薄い。(Y,H)

パレスチナ自治区では、米トランプ大統領の訪問に合わせて、ハンスト中の囚人に連帯を示すストライキやデモが行われ、役所や商店が閉鎖。各地でデモ隊が治安部隊と衝突し、負傷者も出た。(H,P,Y)

*東エルサレムのアブ・ディスでは、パレスチナ人の少年がナイフを持って警官に襲いかかり射殺された。警官に怪我は無かった。(Y,P)

*シリア内戦で反政府勢力が最初に蜂起したホムスから、反政府勢力3千人が撤退。「和解合意」により3月から段階的に撤退が続いていたが、これで完了。ホムスは5年ぶりに政府の支配下に戻った。(Y)

*英国のマンチェスターで米国人歌手のコンサート中に爆発があり、少なくとも19人が死亡。「イスラム国」によるテロの可能性。(P,H)

*米大統領のイスラエル訪問目的は、パレスチナと「長持ちする桃」を作ることだと米政府が発表。PEACEのEをHに間違え。(H)


前の号へ



■この号が最終です■



TOP