menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

バックナンバー

CGI版 過去のイスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

****************************************************
2019年 10月13日(日)日没から仮庵の祭
****************************************************
ネタニヤフ氏が連立政権を構築する期限は24日まで。延長は無いとリブリン大統領の側近。ネタニヤフ氏がそれまでに政権を構築できない場合、委任を返上するだろうと、エルキン環境相は語った。(P)

自治政府が管理するA地区に、イスラエル国防軍が侵入するのをオスロ合意に基づいて阻止すると、シュタイエ首相が発言。2002年以来、国防軍はA地区でテロ犯を逮捕する作戦を実施している。(P)

*イスラエルが税金を自治政府に送金する際、テロ犯への支給金を差引くと決定以来、自治政府は全額の受取拒否中。しかし、西岸地区の経済は破綻状態となり、パレスチナ人市民から議長に激しい非難。(Y)

自治政府が9月からイスラエルの家畜の購入を禁止したことを受け、入植地の調整官が「パレスチナ農産品の購入をやめる」と警告。(P)

*トルコがシリアのクルド民主軍に対して攻撃を開始して4日目。イランはクルド人、シリア政府、トルコ政府の三者に仲介を申し出。(P)

*フランスやギリシャでは、クルド人数千人と支援者が集まり、トルコの武力侵攻を非難するデモ。侵略の即時中止を求め行進した。(Y)

アラブ人地区のウムエルファームで、男女混成バンドのコンサート中に爆弾が投げ込まれる騒ぎ。厳格なイスラム教徒による犯行か。(H)

テルアビブラビン広場で女性に対する暴力事件に対する政府の無策に抗議するデモが行われ、数百人が参加。十数人が自身を赤いペイントを塗って地面に寝るパフォーマンスで、家庭内暴力に抗議。(P)

****************************************************
2019年 10月14日(月)仮庵の祭 1日目
****************************************************
*仮庵の祭は、庭などに仮小屋を建てて食事などをする祭。レビ記23章40節にある4種の植物を揃え、1週間にわたり楽しむ。(解説)

*トルコのシリア侵攻の拡大を受けて、米軍が兵士千人をシリア北部から撤兵へ。トランプ大統領がエスパー国防相に命令した。千人の兵士で1万5千のトルコ兵には対抗できないと、国防相は発言。(P,H,Y)

*米トランプ大統領が、今週にはトルコに経済制裁を課すと発表。軍事的にトルコの攻撃を阻止するのは困難だと、国防省の担当者。(P)

*米国やEUの首脳らがトルコの軍事行動に「断固たる対応を取る」と相次いで発言。マクロン大統領は「この軍事行動によって人道支援が危険になり、ISが再度出現する事になるだろう」と述べた。(P)

*クルド人政治家が捕らえられ、兵士らが処刑されているとして、米国務省の報道官が懸念を表明。シリア人権監視団体は、トルコ軍の空爆による死傷者のほか、トルコ系武装勢力による蛮行も報告。(P,H,Y)

*シリアのクルド人とシリア政府軍が、トルコの侵入に共同して対抗する事で合意。シリア軍がクルド人自治区のトルコ国境線沿いに展開することに。米国の撤退でクルド人は同盟関係を乗り換えた。(H,Y)

*クルド人自治区当局によると、収監されていた950人のIS支持者らが、トルコ軍の攻撃に乗じて警備兵を襲い、逃亡したもよう。(Y)

*今日からロシアのプーチン大統領がサウジアラビアを訪問へ。出発を前に、ペルシャ湾岸の緊張緩和に貢献する意欲を表明。先月のサウジ石油施設への攻撃は、誰が仕掛けたか確実な情報が無いと説明。(P)

****************************************************
2019年 10月15日(火)仮庵の祭 2日目
****************************************************
*米トランプ大統領が、トルコ制裁を発令すると発表。商務省はトルコと行っていた一千億ドル相当の貿易交渉を停止、また、財務省の海外資産監督局は、トルコの政府高官らに対する個人制裁も実施。(P,Y)

*トルコがシリア北部に侵入した事について、ロシア政府はトルコに対してその軍事行動を「適切な範囲内」に収めるよう要請した。(Y)

*インドから帰国時にモスクワで乗り換えた際、大麻を所持していて逮捕された26歳のイスラエル人女性が、プーチン大統領の特赦で7年の懲役を免除。リブリン大統領が、プーチン大統領に謝意。(P,H,Y)

*米が手配中のロシア人ハッカーを、イスラエルがロシアに送還へ。大麻所持の女性の身柄と交換だとの見方をネタニヤフ首相が否定。(Y)

*チュニジアで行われた大統領選挙で、法学者サイード氏が圧倒的多数の票を得て当選。しかし「アラブの春」以来、国は分裂し混乱を極めており、資金も無い法学者が統治するのは困難だと懸念の声も。(P)

ガザの十余りの非営利団体の銀行口座をパレスチナ自治政府が凍結させたもよう。各団体がハマスと関係しているためと見られる。(P)

*ナイジェリア北西部にあるイスラム教学校で、足かせをつけられ監禁されていた男性と少年ら約70人を警察が救助。校長も逮捕された。先月には別のイスラム教学校から300人が救助されたばかり。(P)

*シリアのクルド人部隊は、IS戦闘員を収監していた刑務所を空にして去ったと、トルコ国防相が発表。囚人の数や移送先は不明。(H,Y)

*イスラエル国防軍の元士官が主催する親クルドのデモ行進が今日、テルアビブで行われる予定。クルド人民防衛隊の代表らも参加。(P)


前の号へ

次の号へ



TOP