menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

最新イスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

イスラエルニュース 最新号


****************************************************
2020年 6月28日(日)
****************************************************
*コロナ感染者が週末に千人以上増えて23421人に。パレスチナでも西岸地区の感染者が急増して1733人に。ガザは72人のまま。イスラエルで働くパレスチナ人に帰宅を延期するように要請。(H,Y)

ハマスは金曜、イスラエルの入植地併合に反対を表明し、夜にイスラエルに2発のロケット砲撃。国防軍はハマスの拠点に報復。(P,H,Y)

*1月に暗殺されたイラン軍幹部のソレイマニの後任の、ガーニ司令官がシリア東部のアル・ブカマルを訪問。その数時間後、現地に空爆があったと監視団体が発表。攻撃はイスラエル軍によるものか。(P)

ネタニヤフ首相を批判する黒旗運動の指導者の一人、ハスケル氏が無許可デモを行ったとして逮捕されたため、黒旗運動は全国70ヶ所以上の交差点で交通を妨害。反ネタニヤフの抗議デモを行った。(P,H)

*今日の閣議で新たな行動制限を議論へ。集会の人数制限の強化、在宅勤務の推奨、夏季キャンプ中止、ビーチの人数制限などを検討。(P)

*公的場所でマスクを着けていなかった2752人を警察が摘発し、罰金を科した。また、隔離などの行動制限を守らない人々も摘発。(Y)

*3月に仏政府が、イブプロフェンはコロナ患者を悪化させると発表したが、ベングリオン大学で試験の結果、他薬剤と差がなかった。(P)

*ヨルダン渓谷のバルダラ村で、イスラエルによる入植地併合に反対する抗議デモが計画されていたが、国防軍は道路を封鎖しヨルダン渓谷の住民以外の通行を阻止。暴動に発展する恐れがあったと説明。(H)

****************************************************
2020年 6月29日(月)
****************************************************
*昨日も感染者が218人増え、累計で23639人に。パレスチナ西岸地区で195人増えて累計1928人。国民は政府の感染対策を支持しているが、81%は再度の感染拡大を懸念している。(P,H,Y)

*政府は今日も緊急閣議を開き、コロナウイルス感染対策を議論へ。新たな行動制限を設けるかどうかを決定する。エデルステイン保健相は「すでに第二波が始まっている」と警告。再封鎖にも言及。(P,H,Y)

*世論調査の結果、今、総選挙を行うと、青白党は大幅に議席を失い、リクード中心の右派ブロックが過半数を獲得するとの予想に。(P,H)

エルサレムにある医療センターのイズビキ教授が、コロナからの回復者の過半数で、呼吸器の不調などが数週間も続いていると報告。(P)

*イスラエルによる入植地併合について、パレスチナが米国と交渉中だとの報道を受け、PLOのエレカット事務局長は「いかなる対話も二国家共存に基づくべき」と語ったが、米国との交渉は否定せず。(P)

*トルコがイラク北部のクルド人を攻撃し「テロリストとの戦い」と説明。トルコは最近、シリア、イラク、リビアへの攻撃を強化中。(P)

*ガンツ副首相は、西岸地区の一部併合の際に、パレスチナ人にも完全な居住権を与える事を検討中だと発言。トランプ米大統領の和平案を基礎に、パレスチナとの外交交渉を開始したい考えを述べた。(H)

*放送委員会がGOD・TVの宣教放送「シェラヌ」の免許を停止。キリスト教徒向けだと称して申請したが、実際にはユダヤ人伝道が狙いなので申請に偽りがあるとの理由。GOD・TV側は再申請か。(H)

****************************************************
2020年 6月30日(火)
****************************************************
*コロナ感染者が637人増え累計24276人、死者は319人に。パレスチナ西岸地区では感染者が累計2025人に。ガザの感染者数は72人のまま。政府は感染者のデジタル追跡を法制化へ。(H,Y)

*政府が新たな行動制限を発表。結婚式や宗教儀式は250人、その他の催しは50人以下などに制限する。一方、67歳以上の高齢者で、無給休暇となった人々への毎月4千シケルの給付は延長する。(H,P)

*ガンツ副首相は、コロナ対策を優先し入植地併合は延期すべきだと発言。ネタニヤフ首相は、ガンツ氏の意見を無視する構え。(P,H,Y)

パレスチナのシュタイエ首相は、中東カルテット(米、国連、EU、ロシア)に対し、国際部隊の駐留などに同意する用意があると伝達。6年も中断しているイスラエルとの直接交渉の再開にも同意。(Y)

*イスラエルが西岸地区併合を強行した場合、米政府はイスラエルへの軍事援助を制限すべきだとする書簡を民主党の4議員が準備しているため、イスラエル・ロビーのAIPACが対抗策を検討中。(H)

*EUがパレスチナ支援の条件に、テロ組織に資金を流さないと誓約を求めたため、テロ組織指定されているPFLPなどが反発。全てのパレスチナの団体はEUの求める誓約を拒否するように要求した。(P)

*1月に殺害されたイランの軍幹部ソレイマニの娘と、ヒズボラ指導者ナスララの親戚で後継者と見られるアル・ディンが先週に結婚。(P)

*イラクでは、テロ捜査で逮捕されたイラン系武装勢力の男らが、釈放後にイスラエルと米国の旗を燃やして力を誇示。イラクは、レバノンやイエメンと同様に、国全体がイランの支配下に入りつつある。(P)


前の号へ

次の号へ



TOP