menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

最新イスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

イスラエルニュース 最新号


****************************************************
2020年 1月22日(水)
****************************************************
*昨日ガザからイスラエルへの侵入を試みた3人のパレスチナ人国防軍が射殺。3人が投げた爆弾で、兵士の一人が負傷した。(P,H,Y)

*ヨルダン渓谷の併合について来週の閣議と国会で討議すると、ネタニヤフ首相がリクード党の選挙運動集会で示唆。青と白党の政権が成立して、アラブ政党の発言権が強まる前に速やかに行うと強調。(P,Y)

*青と白党のガンツ氏は、自分が首相になったらヨルダン渓谷を併合するが、国際社会の協力を得ながら行うと発言。左派グループは「ガンツ氏は右派の罠にはまった」と、一斉にこの発言を非難した。(P,H)

*第5回世界ホロコースト・フォーラムは、本日夜の大統領官邸での夕食会から始まり、明日は虐殺記念館で主要行事。40か国の首脳が出席し、ネタニヤフ首相は米副大統領、露・仏の大統領と会談。(P,Y)

*イスラエル―パレスチナの紛争に関する国際刑事裁判所での予審で、ベンソウダ検事が規定より長い120ページの報告書を提出したため、規定内に収めるよう判事が要求。審理は延期されることに。(P,Y)

*米国のクシュナー氏ら中東和平チームは、和平案の発表を準備。彼らはイスラエルを訪問し、ネタニヤフ首相やガンツ氏と会談予定。(P)

*昨年10月にハリリ首相が辞任して以来、政権不在が続いていたレバノンで、ディアブ首相による新政権が成立。汚職と失政に対する市民の怒りを受け、経済対策を優先課題に。ヒズボラも入閣か。(H,Y)

*超正統派の2人の若い女性がエルサレムの高いビルから飛び降り自殺。1人は親族からの虐待、他の1人は信仰に関する悩みが原因か。(P)

****************************************************
2020年 1月23日(木)
****************************************************
ホロコースト・フォーラムに集まった首脳らをリブリン大統領が歓迎。スペイン国王はマイモニデスの言葉を引用し反ユダヤ主義を非難。歴史家のバウワー教授も演説で反ユダヤ主義の危険性を指摘。(P,H,Y)

*ロシアのプーチン大統領が、ロシアで服役中の女性イッサカルさんの母親とイスラエルで面会する予定だと、ロシア政府が発表。(P,H,Y)

*マクロン仏大統領が西壁を訪問。仏大統領の西壁訪問は24年ぶり。複雑な政治状況があるため、首脳の西壁訪問は少なかったが、トランプ米大統領の訪問以来、西壁を訪れる首脳は多少増えている。(P,Y)

ネタニヤフ首相は昨日にマクロン仏大統領と会談、今日はプーチン大統領やペンス米副大統領と会談予定。イラン問題が議題になる予定。仏大統領は自治政府アッバス議長とも会談を予定している。(P)

*ヨルダン渓谷併合は、和平案発表まで待つよう、米がイスラエルに要請。ネタニヤフ首相はこれを受入れ併合手続きを一時棚上げに。(P)

*イスラエルのスパイウェア会社NSOとサウジアラビアが協力してアマゾンCEOベゾス氏の携帯をハッキングした可能性あると、国連の調査担当者が報告。サウジ外務省は「ばかばかしい」と一蹴。(H,Y)

*ダボスで開催中の世界経済フォーラムで、トランプ米大統領がイラクのサレ大統領と会談。米国はイラクでの軍駐留を継続する構え。(Y)

*イラン市民の抗議デモを鎮圧する革命軍バシジ部隊のモジャダミ司令官が自宅前で何者かに銃撃され死亡したと現地メディアが報道。(P)

*サマリア地区の遺跡で発見された約2800年前の粘土板の破片に刻まれたヘブライ文字をAIで解読。破片は約100個ある。(H)

****************************************************
2020年 1月24日(金)
****************************************************
ホロコースト・フォーラムで、ドイツのスタインマイヤー大統領が演説。ドイツが第二次世界大戦中に行った残虐行為を反省した。(H,Y)

*トランプ米大統領は、28日にネタニヤフ首相と青と白党のガンツ氏が選挙期間中にもかかわらず揃って訪米する意向を示したことに驚きを表明。それまでに和平案を発表するとの考えを示した。(P,H,Y)

*米国の中東和平案発表が、首相の不起訴を討議する臨時国会の日と重なるため「国会から国民の目をそらす策略だ」と非難の声も。(P,Y)

*イスラエルでヨルダン渓谷併合の手続きが進む中、ヨルダンの外相は「併合はイスラエルとの和平協定の破棄につながる」と警告。(Y)

*アウシュビッツ収容所解放75周年に、サウジアラビア皇太子の側近イッサがイスラム教指導者らを率いて同収容所跡を訪問した。案内は米国ユダヤ委員会。イスラム教団体とユダヤ人団体が協力。(H)

*マクロン仏大統領が自治政府アッバス議長と会談。議長は、東エルサレムを首都とするパレスチナの国家承認を行うよう仏に要請。(P)

ペレス大統領が創設した「シオンの友賞」を、ロシアのプーチン大統領に授与すると発表。ロシアが第二次大戦中に多数のユダヤ人を救った事に謝意を表すため、プーチン大統領に授与する事になった。(P)

*大麻所持によりロシアで服役中のイスラエル人女性イッサカルさんが、プーチン大統領と彼女の母親がイスラエルで会談したとの報道を聞いて「プーチン大統領を信じている」と釈放の期待を表明。(P,Y)


前の号へ



■この号が最終です■



TOP