menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルメールマガジンを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルメールマガジンについて

最新イスラエルメールマガジン

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

イスラエルメールマガジン 最新号


****************************************************
2021年11月28日(日)日没からハヌカの祭
****************************************************
*コロナのオミクロン株の感染者1人を発見、あと7人を調査中。政府は昨夜、3時間にわたる緊急のコロナ対策閣議を行い、全外国人の入国を禁じる事を決定。帰国した市民は全員3日間隔離する。(P,H,Y)

*今日日没からハヌカの祭。ヘルツォグ大統領はヘブロンの父祖の墓でのキャンドル点火式に出席すると発表。ハマスは抗議のためヘブロン住民に暴動を呼びかけ。イスラエルの左派団体も反対を表明。(P,H)

*コロナのオミクロン株感染者と接触した人々は約8百人に。シュスター副国防相は、民間防衛軍が最優先で追跡を行っていると発表。(Y)

*英国が26日、ハマスの全体をテロ組織指定することを国会で承認。ハマス支援は違法行為となる。パレスチナ自治政府は反発。(H,Y)

*ウィーンでのイラン核合意復帰の交渉を前に、イラン政府の高官は制裁解除が交渉を行う目的だと語り、核開発の制限を否定した。(P)

*UAEは来年1月から新しい刑法を導入する。湾岸諸国の中では最も先進的なもので、女性や家庭内労働者の保護などが定められる。(P)

西岸地区では、ハマスイスラム聖戦PFLPなどの武装組織のほか、武装犯罪集団の活動が横行。無政府状態になりつつあるため、自治政府は法と秩序の回復のため取締を強化することを決定した。(P)

*観光省などが推進する、エルサレム旧市街のロープウェイの建設計画に、ミカエリ交通相が反対を表明。この計画には多くの反対論。(H)

*イスラエルのモバイル通信会社に対する中国企業の投資を、イスラエル政府が阻止。安全保障の懸念から米国が圧力をかけたもよう。(P)

****************************************************
2021年11月29日(月)ハヌカの祭1日目
****************************************************
*オミクロン株の2人目の感染者が国内で特定され、現在12人が検査中。イスラエルでの昨日の新規感染者は7406人で増加傾向だが、これはオミクロン株とは無関係で、従来のデルタ株が主流。(P,H,Y)

*コロナ対策閣議で、新しい行動制限について合意。グリーンパスなしで開催できる集会の人数上限を100人から50人に引き下げ。ハヌカの行事は、グリーンパス規定に基づけば予定通り開催可。(P,H,Y)

*ヘルツォグ大統領はヘブロンでのハヌカ点火式で「ユダヤ人とヘブロンとの歴史的関係」を強調。パレスチナの過激派は治安部隊と衝突したが、イスラエルの左派団体はバスが止められ参加できず。(P,H,Y)

*政府はシンベトによるコロナ感染者と接触者の追跡を再開させる構え。しかし、テロ対策組織による感染者の追跡は問題が多いため、民間組織による追跡が望ましいと、シンベトの担当者は閣議で発言。(H,Y)

*ウィーンで始まるイランとの核協議は、西欧が一方的に妥協する公算が大。ラピド外相は今週、英仏首脳と会談し懸念を伝える。(P,H,Y)

*イランの軍幹部が、インタビューでイスラエル抹殺を宣言。イスラエルと国交を結んだイスラム諸国にイスラエルとの断交を要求。(P)

*エチオピアに残るユダヤ人は内戦に直面しているため、すでにイスラエルに移民した人々の一親等を中心に、数週間以内に数千人を緊急帰還させることで、タマノ帰還相とシャケド内相が合意した。(H,Y)

国防軍は例年、10〜11月にかけて北部で大規模軍事演習を行っているが、来年は予備役も動員して過去最大の規模とする予定。アラブ諸国と合同で紅海での軍事演習も。イランとの対決を視野に。(P)

****************************************************
2021年11月30日(火)ハヌカの祭2日目
****************************************************
*イラン核合意復帰に向けた交渉が開始。米国が全制裁を解除し、イランは核開発を継続する公算が大だと、ベネット首相は懸念。(P,H,Y)

*オミクロン株への感染が疑われ、遺伝子解析中の15人の中には、シェバ医療センターの2人の医師も。一人は英国から最近、帰国した。2人ともワクチンは3回接種しており、症状は軽度だという。(P,H)

*国会はハヌカの祭休会で、シンベトによるコロナ感染者の追跡は承認できず。しかし、司法長官の仮承認で追跡が開始される見込み。(P)

*UAEを訪問して、ザイード皇太子と会談したトルコのエルドアン大統領が、トルコはイスラエルとの関係改善を計画中だと発言。(P,Y)

ガザハマス職員への給与は半年以上も滞っているが、その支援でエジプトとカタールが合意。カタールの資金で買った燃料をエジプトがガザに提供、ハマスは燃料を販売して利益を職員給与に回す。(H)

*マレーシアで12月に開催予定だった男子世界スクワッシュ大会が中止。マレーシアがイスラエルの参加を拒否したためだと、世界スクワッシュ連盟は説明。しかし、オミクロン株感染の懸念も理由。(P)

*紀元70年のエルサレム陥落後、ユダヤ人はヤブネにサンヘドリン(宗教議会)を移し活動したとヨセフスは記しているが、それを裏付けるユダヤ教の儀式用と見られる石の杯を、ヤブネの遺跡で発見。(Y)

*イタリアでの事故で両親を失った少年を、イスラエルに連れ帰り養育権を主張していた祖父が最高裁で敗訴。少年はイタリアへ。(H,Y)


前の号へ



■この号が最終です■



TOP