menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルメールマガジンを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルメールマガジンについて

最新イスラエルメールマガジン

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

イスラエルメールマガジン 最新号


****************************************************
2021年 4月18日(日)
****************************************************
*核合意の再開交渉が進展したとイラン政府が発表。ネタニヤフ首相は今日、2カ月ぶりの安全保障閣議を開き対応を検討へ。司法長官は先週、法相不在での開催に反対していたが、開催を容認した。(P,H)

*イランの諜報相は、ナタンズ核施設の攻撃を準備し、事件直前に国外逃亡した容疑者を特定したと発表。国際指名手配したとして、氏名と写真を公開した。事件の背後にはイスラエルがいると主張。(P,H,Y)

*反首相デモは参加者が減少気味。参加者は、対イラン作戦などで首相が国益よりも個人的な利益を優先させていると非難した。(P,H,Y)

*保健省が、インド型の変異種の感染者7人を発見したと発表。7人はすべて海外からの帰国者で、ワクチン未接種だった。インド型の変異種にワクチンによる免疫が有効かどうかはデータが無く不明。(H)

*諜報機関であるモサドシンベトが「パルデス」という組織を作り、優秀な超正統派の若者を密かに募集している。トーラー(聖書)の学びを続けながら、アラビア語も訓練し、サイバー戦の要員に。(P)

*ヘブライ大学とワイツマン研究所が、英国の大学と共に肥満治療に向けた基礎技術を開発中。脳が満腹を判断する仕組みを発見した。(P)

*シンクタンクJPPIがイスラエルのユダヤ人を対象に行った調査で、世俗派ユダヤ人の53%はイスラエルが過度にユダヤ的だと回答したが、宗教派や超正統派の90%はユダヤ性が足りないと回答。(Y)

*保健省の元高官のグロット氏が、来年に新型コロナが再拡大する恐れがあると警告。他のコロナウイルスは全て冬に拡大するため。(P)

****************************************************
2021年 4月19日(月)
****************************************************
*有未来党のラピド氏がリクード抜きの政権構想を本格化。「5回目の選挙をするわけにはいかない」と語り、ヤミナ党、新希望党、イスラエル我が家党、青白党、労働党メレツ党と政権交渉中。(P,H,Y)

ネタニヤフ首相が進めるアラブ政党の支援による右派政権は「自殺行為」だと、宗教シオニズム党のスモトリッチ党首が批判。ヤミナ党や有未来党を中心とした政権の方が望ましいとの考えを示した。(P,H)

ヨッパのユダヤ神学校指導者のマリ師が2人のアラブ人から暴力を受ける事件が発生。警察が容疑者を逮捕する際に騒乱が発生。(P,H,Y)

*昨年はぜん息患者の救急搬送も入院も半減したと、シェバ病院のレヴィン教授が発表。マスク着用が花粉や病原体を防いだためか。(P)

*コロナウイルス感染もワクチン接種も、女性の生殖能力に影響は及ぼさないとの研究をハダサ大学医療センターが発表。ワクチン接種者、コロナ回復者、未感染者の卵胞液を調べたが変化は無かった。(P)

ガザのコロナ感染が悪化し1日に23人が死亡。累計死者は761人に。ガザのワクチン接種者は3万人余りで、人口の0.8%。(H)

*米国の左派ユダヤロビー、Jストリートの大会で、パレスチナアッバス議長がオンライン演説。米政府がパレスチナとの関係を見直す中で、PLOのテロ組織指定を外すべきだと主張し支援を要請。(P)

*土曜夜に東エルサレムで、家族の抗争で21歳のアラブ人女性が殺される事件があり、警察が容疑者2人を逮捕。アラブ人地区では暴力事件が増加しており、今年初めからすでに35人が死亡している。(P)

****************************************************
2021年 4月20日(火)
****************************************************
*来年の追加接種に備え、ワクチン数百万回分を購入する契約をファイザー社と結んだと、エデルステイン保健相が発表。数量は発表されていないが、青白党の高官は900万回分だと語っている。(P,H,Y)

*新政権が成立するまで、調整委員会が議会を運営するとの法案が、有未来党とアラブ系ラアム党の協力で成立。ネタニヤフ首相は議会の支配権を失い、いずれ首相の座も失う可能性も出てきている。(P,H)

*来月から観光客の受入を再開予定だが、ワクチン接種が条件。国により異なるワクチンが使われているため、政府は対応を検討中。(P)

*東エルサレムでの投票が選挙実施の条件だと、自治政府幹部が相次いで発言。5月22日に投票予定の選挙でファタハの敗色が強まる中、イスラエルの責任にして選挙を中止する狙いだとの見方も。(H)

西岸地区の中部にあるベニヤミン地区の入植者らが、パレスチナ人の違法建築を監視し通報する方針を決議。委員長は「我々の地域で、我々は急速に土地を失っている」と語り、政府に対策を要求した。(P)

日曜日ヨッパで発生した騒乱事件の後、ユダヤ系住民とアラブ系住民の衝突が続き、子供1人を含む3人が警察に逮捕された。(H)

シナイ半島で5ヶ月前にキリスト教徒を殺害し、1人を誘拐したと見られるISの容疑者3人を射殺したと、エジプトの警察が発表。(Y)

*リウマチ患者の一部がワクチン接種で帯状疱疹を発症する恐れがあるとの研究を、イスラエルの病院が発表。まだワクチンが原因である確実な証拠は無いが、ワクチンが誘因である可能性が高いとう。(P)


前の号へ



■この号が最終です■



TOP