menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルメールマガジンを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルメールマガジンについて

最新イスラエルメールマガジン

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

イスラエルメールマガジン 最新号


****************************************************
2021年 9月19日(日)
****************************************************
*ギルボア刑務所から脱獄した6人のうち、未拘束だった2人をジェニン市内で土曜に拘束。これで脱獄者はすべて拘束された。(P,H)

*昨年11月にイランの核技術者のファクリザデ氏が暗殺された事件は、モサドがAI制御の銃を使って行ったと米紙が報道。イスラエルのメディアも確認。暗殺後、イランは核開発を加速させている。(P,H)

*金曜の新規感染者数は4863人、検査陽性率は5.6%で高止まり。重症者は増加に転じ、650人台から一気に717人に。米は65歳以下の3回目接種に反対だが、イスラエルは積極的に推進中。(H,Y)

*南アのダーバンでの人種差別反対世界会議の20周年記念集会に、西洋諸国は上級代表を派遣せず。この会議はひどい反ユダヤ主義だったため。イスラエルのエルダン国連大使は、良い傾向だと評価。(P)

シナゴグ襲撃未遂事件があったドイツでは、保守系の首相候補者ラスチェット氏が、危険人物を国外退去させるべきだと発言。憎悪を煽り、テロを称賛する組織や人物の居住は法律で禁止すべきと主張。(H)

*トランプ前大統領を支持し、1月の議事堂占拠事件の逮捕者を擁護する集会が米議事堂前で行われた。参加者は200人程度と低調。(P)

ヨム・キプールの日に、12歳のコウリー君が交通事故で死亡し、両親は悲しみの会見。来月にはバル・ミツバを行う予定だった。(P)

ヘルツェリア医療センターの精子銀行では、精子の提供者が減少している一方、独身女性や同性カップルからの需要が増大。精子提供者である若い男性の精子の質が悪化していることも原因だという。(Y)

****************************************************
2021年 9月20日(月)
****************************************************
*明日でベネット政権は100日目。ネタニヤフ氏の政策を覆すことはしなかったが、外交・内政ともに多くの仕事を行った。政権内で意見の違いをかかえながらも、国家が運営できることを証明した。(P,H)

*脱獄者拘束作戦の詳細が判明。2人は難民キャンプではなく、市街のファタハ関係者宅に潜伏しており、包囲されて投降した。イスラエルが簡単に囚人全員を拘束したため、パレスチナでは失望の声。(P)

モサドがAI兵器でイランの核技術者ファクリザデ氏を暗殺したとの米紙報道は誤報だと、イランの外務省報道官が記者会見で主張。(P)

*金曜日に、ヘブロン付近で行われた左派のデモの鎮圧の際に、過剰な暴力を行使したとして、国防軍が司令官と部隊を懲戒処分に。(P,H)

*イランの石油タンカーの3隻目がレバノンに向かっているもよう。レバノンのミカティ首相は、ヒズボラの勝手な輸入はレバノンの主権侵害だと非難。石油はシリア経由でレバノンに運ばれるもよう。(P)

*イスラエル北部海域で、イスラエルが米とギリシャの企業による天然ガス田開発計画を発表。この海域は多量のガスが埋蔵されていると見られるが、この海域の領有権を主張するレバノンが怒りを表明。(P)

*コロナ重症者はさらに増えて726人に。そのうち70%はワクチン未接種者で、3回接種者は8%。ワクチンの有効性が明白に。(Y)

*コロナ重症患者を治療するECMOが足りないと、保健省の会合でラムバム医療センターの医局長が警告。このままでは重症者が治療を受けられず死亡率が高まる懸念も。現在ECMO装着者は40人。(Y)

****************************************************
2021年 9月21日(火)
****************************************************
*今週に英、中、仏、独、ロシアの外相が核合意再開に向けて国連でイランの外相と会談すると、仏外相が発表したが、その後、会談は中止されたとEUのボレル外相が説明。再開に向けた交渉は継続へ。(P)

*過去3か月間にコロナから回復した人は、イスラエル渡航前のPCR検査は不要だと政府が決定。現在、イスラエルの国民と、国民の親戚、団体旅行の客は入国可能だが、個人旅行者は入国できない。(P,H)

日曜日の新規感染者数は6456人で、うち4千人以上が未接種者。検査の陽性率は5.2%。重症者数はほぼ同水準の714人。(H)

*イタリアのフィレンツェで、第二次大戦中にナチスに抵抗したユダヤ人カップルを記念して公園に命名。一族が記念式典に参加した。(P)

*先月ウクライナからの帰国者のコロナ感染率は約10%で異常に高いと保健省が発表。米国やエジプトから帰国者の感染率は1%台。(H)

*イスラエルの大規模な犯罪組織の幹部16人を警察が逮捕。主要メンバー1人を雇い、3ヶ月かけて潜入捜査を実施していたという。(P)

*イスラエル中部のアラブ人の町タイベで、結婚式で男が発砲、1人が死亡、5人が負傷した。アラブ人地区では暴力事件が増加中。(H)

*イスラエルの通信会社ボイセンター社が、2日前に大規模なサイバー攻撃に遭いシステムが停止したと発表。ハッカー集団は「デウス」と名乗り、同社の情報を盗んだと主張しているが、詳細は不明。(Y)

エルサレムの東にある入植地のマーレーアドミームに、映画の世界を体感できる室内娯楽施設がオープン。類似施設は世界で9か所。(P)


前の号へ



■この号が最終です■



TOP