menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

バックナンバー

CGI版 過去のイスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

****************************************************
2017年 3月12日(日)プリムの祭
****************************************************
*オランダ政府が、同国で行われるトルコ系移民の政治集会に参加を予定していたトルコのチャブシオール外相の入国を拒否。トルコのエルドアン大統領は「ナチスの残党」などとオランダを非難。(P,Y,H)

*トランプ米大統領が10日、就任後初めてパレスチナ自治政府アッバス議長と電話会談を行った。大統領は、イスラエルとパレスチナの和平交渉の仲介を提案し、議長を米国に招待した。(P,H,Y)

*シリアの首都ダマスカス中心部で、2人が連続して自爆するテロがあり、約40人が死亡、120人以上が負傷した。イラク政府によると、犠牲者の多くはイラクから来ていたシーア派の巡礼者。(H)

*ドイツの大衆紙が「世界の7人の独裁者」の一人に、ネタニヤフ首相をリストアップ。イランのハメネイ師と同様に狂っているとも。(P)

*南の砂漠から来る砂嵐のため、イスラエルの南部や中部で大気汚染のレベルが非常に高くなると環境省が発表。心臓の血管に病気のある人や、妊婦などのリスクの高い人々は外出を控えるよう警告。(Y)

*昨夜からプリムの祭。旧約聖書のエステル記に記された祭で、仮装をして楽しむ風習がある。各地では昨日から様々な催しがあり、国防軍のアイゼンコット参謀長は障がい児施設を訪問した。(解説,Y)

プリムの祭のため、木曜夜から月曜夜までイスラエルから西岸地区ガザへの検問所は閉鎖。ただし緊急を要する人道支援は例外。(H)

*エジプトとドイツの考古学者が、カイロのスラム街で、3000年以上前のファラオ像2体を発掘。ラムセス2世の像と見られる。(H)

****************************************************
2017年 3月13日(月)
****************************************************
*レバノン政府関係者らがヒズボラはレバノンの一部だとする発言をしたため、ベネット教育相は「次にヒズボラと戦争になった際には、レバノン全てを標的に攻撃することになるだろう」と警告。(H)

*米政府のグリーンブラット外交政策顧問がイスラエルと西岸地区の訪問を予定。新たな和平交渉の仲介に向けて準備をするため。(H)

*米国の改革派ユダヤ教の指導者がネタニヤフ首相と会談。西壁に男女混合の祈祷区画を設けるとの政府の約束が、超正統派の反対により実現できていないため「もう少し待ってほしい」と首相。(H)

*イランの支援を得ているイラクのシーア派武装勢力が「ゴラン高原を解放する」ためイスラエルと戦う新組織を結成したと発表。(Y)

*オランダがトルコの外相の入国を拒否したことを受け、トルコのエルドアン大統領は「最も厳しい報復措置を取る」と警告した。(H)

ユダヤ人団体のADLが、インターネット上での反ユダヤ主義発言を監視するセンターをカルフォルニアに設立すると発表した。(P,H)

エルサレム旧市街のライオン門付近で、パレスチナ人のテロリストが警官2人をナイフで刺傷。犯人はその場で射殺されている。(P,H)

*ブルガリア系イスラエル人が、ナチス政権からユダヤ人をかくまって助けたブルガリア正教会を、ノーベル平和賞に推薦している。(P)

テルアビブ近郊のホロンではプリムの祭典が行われ、約20万人が参加。今年はトランプ米大統領やアザリア兵士の仮装も見られた。(Y)

****************************************************
2017年 3月14日(火)
****************************************************
*トランプ米政権のグリーンブラット外交政策顧問がイスラエルを訪問し、ネタニヤフ首相と5時間にわたり会談。パレスチナとの和平交渉や入植地建設などについて意見交換が行われたもよう。(H,Y,P)

*オランダがトルコ外相の入国を拒否したため、トルコがオランダとの閣僚レベルの外交関係を停止すると発表。対立は深刻化。(H)

自治政府アッバス議長がトランプ米大統領との電話会談について説明。「トランプ政権はイスラエルとパレスチナの二国家共存案を支持している印象を受けた」と、米政権の取り組みを評価した。(P)

*2011年の民主化運動「アラブの春」で失脚、逮捕されたムバラク元大統領の無罪が確定し、近日中に軍事病院から自宅へ。(Y,H)

*米系イスラエル人の左派活動家が西岸地区で一時警察に拘束され、すぐ釈放された。イスラエルのボイコット運動BDSに関わったためではないかとして、活動家は警察に説明を要求している。(P,Y,H)

*親パレスチナで、イスラエルのボイコットを推進する英国人左派活動家の入国をイスラエル政府が拒否。担当者は「自国の権益を損なおうと活動している者の入国を認めるような国は無い」と説明。(Y)

*昨年はシリア内戦で652人の子供が死亡したと国連が発表した。前年比で約20%の増加。うち3分の1は学校内か付近で死亡。(P)

ユダヤ人神殿の丘の歴史的関係を否定する国際的な動きに対抗するため、両者の関係を広報する財団を右派の閣僚らが設立へ。(Y)

*世界的な野球大会WBCでキューバにも勝ち、快進撃していたイスラエルはオランダとの試合で大敗。15日には日本と対戦へ。(H)


前の号へ

次の号へ



TOP